【中学歴史】倒幕から明治維新までの定期テスト対策問題

スポンサーリンク

【確認問題】倒幕から明治維新まで

(1)朝廷をよりどころにし、欧米の勢力を打ち払おうとする運動を何というか。
(2)1863年、生麦事件の報復として、薩摩藩はある国と戦争をすることとなるが、この戦争を何というか。
(3)1866年、薩摩藩と長州藩が結んだ同盟を何といいうか。
(4)(3)の同盟を仲立ちした人物は誰か。
(5)江戸幕府の15代将軍は誰か。
(6)(5)の人物が政権を朝廷に返したことを何というか。
(7)(6)のあと、天皇の政治に戻ることや幕府の廃止が宣言されたが、これを何というか。
(8)新政府軍と旧幕府軍の戦いを何というか。
(9)1868年に出された、明治新政府の基本方針を何というか。
(10)1868年に出された、庶民が守るべきことがらを示したものを何というか。
(11)江戸を改称して、新しい首都となった都市はどこか。
(12)1869年、藩主に土地と人民の支配権を返上させたが、これを何というか。
(13)1871年、藩を廃止して全国に府と県を置いたが、これを何というか。
(14)(13)によって、中央から派遣されて地方政治にあたった役職を何というか。
(15)新政府の政策のもと、かつての公家や大名は何と呼ばれるようになったか。
(16)新政府の政策のもと、かつての武士は何と呼ばれるようになったか。
(17)新政府の政策のもと、かつての百姓や町人は何と呼ばれるようになったか。
(18)えた・ひにんとして差別されてきた人々も(17)となったが、これは1871年に出されたある法令にもとづいている。この法令を何というか。
(19)明治新政府は、欧米の先進国に対抗するために、経済を発展させて国力を向上させ、強力な軍隊を整備することを目指しますが、この政策を何といいうか。
(20)1872年に出された、6歳以上の男女のすべてが小学校教育を受けることを定めた法律を何というか。
(21)明治政府が税収入を安定させるために、1873年から進められた政策を何というか。
(22)(21)において、土地の所有者には何が渡されたか。
(23)(21)において、土地の価格を何と呼ぶようになったか。
(24)(21)において、土地の所有者は(23)の何%を納めることとされたか。
(25)1873年に出された、満20歳以上の男子に兵役の義務を負わせることを規定した法令を何というか。
(26)明治新政府が進めた諸改革と、それに伴って見られた社会の動きを何というか。

【解答】倒幕から明治維新まで

(1)尊王攘夷運動
(2)薩英戦争
(3)薩長同盟
(4)坂本龍馬
(5)徳川慶喜
(6)大政奉還
(7)王政復古の大号令
(8)戊辰戦争
(9)五箇条の御誓文
(10)五榜の掲示
(11)東京
(12)版籍奉還
(13)廃藩置県
(14)府知事・県令
(15)華族
(16)士族
(17)平民
(18)解放令
(19)富国強兵
(20)学制
(21)地租改正
(22)地券
(23)地価
(24)
(25)徴兵令
(26)明治維新

中学社会をポイントで学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学歴史
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました