高校入試にでる「日本の気候区分」の特徴と比較・違い

高校入試にでる「日本の気候区分」の特徴と比較・違いです。日本には、広範囲に渡って温帯湿潤気候に属しますが、地域によって、大きく6つの気候区分に分かれます。それでは、高校入試にでる「日本の気候区分」の特徴と比較・違いをみていきましょう。

日本の気候区分

気候 北海道 太平洋側 日本海側 中央高地 瀬戸内 南西諸島
特徴1 冷帯の気候 冬に晴天が続く 北西の季節風の影響 高地は冷帯に近い 夏の降水量は少ない 亜熱帯気候
特徴2 冬の気温が低い 冬に雪が多い 気温差が大きい 一年中高温多雨
スポンサーリンク

日本の気候の特徴

  • 日本の大部分は、温帯に属し、四季がはっきりしている。日本の大部分は温帯湿潤気候。
  • 季節風(モンスーン)…夏は南東、冬は北西の風が吹く。
  • 梅雨…本州以南で6月から7月にかけて雨が多い。
  • 台風…熱帯低気圧の一種。秋から夏から秋にかけて発生。

練習問題

(    )に適語を入れよ。

(1)北海道の気候は(    )帯に属し、冷涼で冬の寒さが厳しい。
(2)南四国の気候に大きな影響を与えている太平洋を北上する暖流を何というか。
(3)近畿地方の中央低地の気候は、(    )内の気候である。
(4)北陸地方は(    )風の影響で、世界的にも雪が多い地方である。

解答

(1)冷
(2)黒潮(日本海流)
(3)瀬戸
(4)季節

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする