【中学国語】徒然草のポイントと練習問題

中学国語古典の『徒然草』について学びます。徒然草(つれづれぐさ)の作者は吉田兼好(兼好法師)で、清少納言が書いた『枕草子』、鴨長明が書いた『方丈記』とならんで、日本三大随筆の一つと評価されています。テストや入試に登場するポイントを解説し、練習問題にも挑戦しましょう。

【中学社会】キリスト教の伝来と大航海時代

中学社会のキリスト教の伝来と大航海時代について学習します。室町時代の後半は、下剋上の風潮が強まり戦国時代に突入します。このころにキリスト教が日本に伝わります。ヨーロッパではこのとき何が起こっていたのか、世界に目を向けてみます。

【中学歴史】室町時代のまとめ・一問一答

約140年の栄華を誇った、日本で初の武士政権である鎌倉幕府は、足利尊氏、新田義貞らによって滅ぼされます。その後、後醍醐天皇の建武の新政を経て、1338年に室町幕府が誕生します。今回は、鎌倉幕府に続く武士政権である室町幕府と、室町時代の民衆の生活のようすを学習します。

【中学国語】熟字訓のまとめ・練習問題

中学国語の熟字訓について学習します。熟字訓とは、漢字からなる熟語に訓読みを当てたもので、昔から日本にある慣習的な読み方をするものです。覚えていないと読み方はわかりませんので、一つ一つ覚えていくことが大切です。

【中学国語】二字熟語・三字熟語・四字熟語のまとめ

中学国語の熟語の構成についてまとめています。二字熟語、三字熟語、四字熟語とそれぞれ構成をまとめています。ここで、その構成から意味を類推できるようになること、熟語を正しく読み書きできるようになるまでが大切です。それでは、中学国語の「熟語の構成」をみていきましょう。

トップへ戻る