【中学漢字】頻出の四字熟語まとめ

中学国語の熟語の構成についてまとめています。四字熟語とそれぞれ構成をまとめています。ここで、その構成から意味を類推できるようになること、熟語を正しく読み書きできるようになるまでが大切です。それでは、中学国語の「熟語の構成」をみていきましょう。

スポンサーリンク

四字熟語

漢字一字の組み合わせや二字熟語の組み合わせがあります。次の種類に分類できます。

四字熟語の種類

  • 四つの漢字が対等に並ぶ
  • 意味の似た二字熟語動どうし
  • 反対の意味の二字熟語どうし
  • 上の熟語が下の熟語に作用

四つの漢字が対等に並ぶ

  • 東西南北(東+西+南+北)
  • 春夏秋冬(春+夏+秋+冬)
  • 前後左右(前+後+左+右)

意味の似た二字熟語動どうし

  • 公明正大(公明=正大)
  • 日進月歩(日進=月歩)
  • 自由自在(自由=自在)
  • 悪戦苦闘(悪戦=苦闘)

反対の意味の二字熟語どうし

  • 一喜一憂(一喜↔一憂)
  • 竜頭蛇尾(竜頭↔蛇尾)
  • 晴耕雨読(晴耕↔雨読)

上の熟語が下の熟語に作用

  • 終始一貫(終始→一貫)
  • 永久不変(永久→不変)
  • 臨機応変(臨機→応変)
スポンサーリンク

入試でよく出る覚えておきたい四字熟語

次の四字熟語は、入試やテストでたびたび登場するものです。漢字で書けるようになることと、意味が分かるようになることが重要です。

  • 悪戦苦闘(あくせんくとう)…ひじょうに苦しい戦いをしていること。
  • 暗中模索(あんちゅうもさく)…手がかりもなく物を探すこと。
  • 意気消沈(いきしょうちん)…気落ちして元気がない様子。
  • 意味深長(いみしんちょう)…奥に深い意味を含むこと。
  • 異口同音(いくどうおん)…多くの人が同じことを言うこと。
  • 以心伝心(いしんでんしん)…話さずに心が相手に通じること。
  • 一意専心(いちいせんしん)…心を一つに集中すること。
  • 一部始終(いちぶしじゅう)…始めから終わりまで。すべて。
  • 一日千秋(いちじつせんしゅう)…大変待ち遠しいこと。
  • 一心不乱(いっしんふらん)…物事に熱中する様子。
  • 一挙両得(いっきょりょうとく)…一度に二つの得をすること。
  • 一石二鳥(いっせきにちょう)…一度に二つの得をすること。
  • 一朝一夕(いっちょういっせき)…わずかな時間・短い期間。
  • 一触即発(いっしょくそくはつ)…すぐに爆発する状態。
  • 因果応報(いんがおうほう)…過去の行為に対する報い。
  • 右往左往(うおうさおう)…うろうろすること。
  • 栄枯盛衰(えいこせいすい)…栄えたり衰えたりすること。
  • 我田引水(がでんいんすい)…自分の都合の良いように行動すること。
  • 感慨無量(かんがいむりょう)…物事に深く感じ入ること。
  • 勧善懲悪(かんぜんちょうあく)…善を勧め悪を懲らすこと。
  • 危機一髪(ききいっぱつ)…大変なところまで、危険がせまっている状態。
  • 起死回生(きしかいせい)…だめになりそうだったものが、よい状態にもどること。
  • 喜色満面(きしょくまんめん)…うれしい気持ちが顔いっぱいにひろがっていること。
  • 疑心暗鬼(ぎしんあんき)…何も信じられなくなること。
  • 喜怒哀楽(きどあいらく)…喜び・怒り・悲しみ・楽しみなどの、さまざまな感情。
  • 金科玉条(きんかぎょくじょう)…非常に大切な決まり。
  • 牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)…牛や馬のようにたくさんのものを食べること。
  • 空前絶後(くうぜんぜつご)…過去、将来に例のないこと。
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)…苦しみに耐え、やり抜くこと。
  • 公明正大(こうめいせいだい)…正しく堂々としていること。
  • 厚顔無恥(こうがんむち)…あつかましくて図々しいこと。
  • 呉越同舟(ごえつどうしゅう)…仲の悪い者どうしが力を合わせること。
  • 古今東西(ここんとうざい)…いつでもどこでも。
  • 孤立無援(こりつむえん)…仲間や、助けてくれる人がいないこと。
  • 五里霧中(ごりむちゅう)…どうしたら良いかわからなくなること。
  • 言語道断(ごんごどうだん)…言葉では言い表せないほど、まちがったこと。
  • 三々五々(さんさんごご)…あちこちに散らばっているさま。
  • 枝葉末節(しようまっせつ)…物事の細かな部分。
  • 支離滅裂(しりめつれつ)…統一がなくバラバラなこと。
  • 自画自賛(じがじさん)…自分の事を自分で褒めること。
  • 自業自得(じごうじとく)…自分の行いの報いを受けること。
  • 針小棒大(しんしょうぼうだい)…物事を大げさに言うこと。
  • 新進気鋭(しんしんきえい)…新たに出現して勢いの良いこと。
  • 晴耕雨読(せいこううどく)…田園での生活を楽しむこと。
  • 絶体絶命(ぜったいぜつめい)…のっぴきならない状態。
  • 千載一遇(せんざいいちぐう)…千年に一度しかないような機会。
  • 千差万別(せんさばんべつ)…いろいろなちがいがあること。
  • 千変万化(せんぺんばんか)…さまざまに変化すること。
  • 前後不覚(ぜんごふかく)…何も分からなくなること。
  • 前代未聞(ぜんだいみもん)…今まで聞いたことがないようなめずらしいこと。
  • 相思相愛(そうしそうあい)…男女がおたがいに好きであること。
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)…大きな願いがかなうこと。
  • 大器晩成(たいきばんせい)…年をとってから大物になるということ。
  • 大義名分(たいぎめいぶん)…すじの通った理由。
  • 大胆不敵(だいたんふてき)…何ものもおそれない態度。
  • 大同小異(だいどうしょうい)…大きな違いのないこと。
  • 多事多難(たじたなん)…事件が続いておこり、苦しんでいること。
  • 単刀直入(たんとうちょくにゅう)…すぐ話の中心に入ること。
  • 昼夜兼行(ちゅうやけんこう)…昼も夜も休まず行うこと。
  • 適材適所(てきざいてきしょ)…その人の能力にあった役目につけること。
  • 徹頭徹尾(てっとうてつび)…始めから終わりまで。
  • 電光石火(でんこうせっか)…ほんの短い時間やすばやい行動のたとえ。
  • 天変地異(てんぺんちい)…暴風・大水などの自然の異変。
  • 当意即妙(とういそくみょう)…場に応じて機転を利かすこと。
  • 東奔西走(とうほんせいそう)…あちこちにかけまわること。
  • 独断専行(どくだんせんこう)…自分一人の考えて勝手に物事を行うこと。
  • 独立独歩(どくりつどっぽ)…他人の力にたよらず、自分の力だけで行うこと。
  • 内憂外患(ないゆうがいかん)…内にも外にも心配事が起こること。
  • 日進月歩(にっしんげっぽ)…絶えず進歩すること。
  • 破顔一笑(はがんいっしょう)…にっこりと笑うこと。
  • 馬耳東風(ばじとうふう)…人の話を気にかけないこと。
  • 半信半疑(はんしんはんぎ)…半分信じて半分疑うこと。
  • 美辞麗句(びじれいく)…うわべだけの美しい言葉。
  • 品行方正(ひんこうほうせい)…上品で行いの正しいこと。
  • 不言実行(ふげんじっこう)…黙って実行すること。
  • 付和雷同(ふわらいどう)…人の話にすぐ賛成するさま。
  • 粉骨砕身(ふんこつさいしん)…力の限りを尽くすこと。
  • 片言隻語(へんげんせきご)…ほんのわずかな言葉。
  • 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)…人を人とも思わぬ様。
  • 本末転倒(ほんまつてんとう)…重要ごとと細事が逆さになること。
  • 無我夢中(むがむちゅう)…心を奪われて我を忘れること。
  • 無味乾燥(むみかんそう)…おもしろみのないこと。
  • 明鏡止水(めいきょうしすい)…心が澄んでいること。
  • 優柔不断(ゆうじゅうふだん)…決断力の乏しいこと。
  • 有名無実(ゆうめいむじつ)…名前ばかりで、中身がないこと。
  • 油断大敵(ゆだんたいてき)…不注意でいると、思わぬ失敗をすること。
  • 用意周到(よういしゅうとう)…準備が十分であること。
  • 利害得失(りがいとくしつ)…もうけや、そんのこと。
  • 離合集散(りごうしゅうさん)…離れたり集まったりすること。
  • 竜頭蛇尾(りゅうとうだび)…最初はいきおいが良いが、最後の方ではいきおいがなくなること。
  • 粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)…苦心に苦心を重ねること。
  • 臨機応変(りんきおうへん)…その時その時に応じて、かしこく対処すること。

など

関連➊【中学漢字】頻出の二字熟語まとめ
関連➋【中学漢字】頻出の三字熟語まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました