中学国語一覧

中学国語のポイントを単元別にまとめています。

【中学国語】今昔物語集のポイント・練習問題

中学国語の古典「今昔物語集」についてまとめています。「今昔物語集」は、平安時代の末期、前九年の役・後三年の役や保元・平治の乱などが起きた荒れた時代に編集されたものです。「今は昔、」の書き出しですべての物語が書かれていることからその名前が付けられています。高校入試でも頻繁に取り上げられる古典であり、ストーリーも非常に面白いのが特徴です。

【中学国語】頻出の類義語まとめ

中学国語の類義語・対義語・多義語についてまとめています。類義語・対義語・多義語がどんな語か理解すること、類義語の適切な使い分けができるようになることがポイントです。また、これらの知識は入試やテストに出るだけではなく、文章を書くうえでも必要な知識になります。

【中学国語】徒然草のポイントと練習問題

中学国語古典の『徒然草』について学びます。徒然草(つれづれぐさ)の作者は吉田兼好(兼好法師)で、清少納言が書いた『枕草子』、鴨長明が書いた『方丈記』とならんで、日本三大随筆の一つと評価されています。テストや入試に登場するポイントを解説し、練習問題にも挑戦しましょう。

【中学国語】熟字訓のまとめ・練習問題

中学国語の熟字訓について学習します。熟字訓とは、漢字からなる熟語に訓読みを当てたもので、昔から日本にある慣習的な読み方をするものです。覚えていないと読み方はわかりませんので、一つ一つ覚えていくことが大切です。

【中学漢字】頻出の四字熟語まとめ

中学国語の熟語の構成についてまとめています。四字熟語とそれぞれ構成をまとめています。ここで、その構成から意味を類推できるようになること、熟語を正しく読み書きできるようになるまでが大切です。それでは、中学国語の「熟語の構成」をみていきましょう。

トップへ戻る