【中学国語】漢字の筆順・画数のまとめ・練習問題

シェアする

中学国語の筆順や画数に関する内容を学習します。漢字の書き方の順序、漢字を組み立てている線や点の書き方に注意して進めましょう。

漢字の筆順

漢字の筆順を理解するには、日ごろから正しい順序で漢字を書くことが重要です。また、筆順の原則があるので、それも確認しておきましょう。まずは、漢字の筆順の大原則を確認します。

大原則①:上から下へ
漢字の筆順 大原則大原則②:左から右へ
漢字の筆順 大原則②

スポンサーリンク

漢字の筆順のルール

大原則は皆さん大丈夫だと思いますので、その他のルールについて見ていきましょう。

筆順ルール①「横画が先!」

縦画と横画が交わるときは、基本的に横画が先になります。例外は「田」や「王」などです。

漢字の筆順 縦画と横画

筆順ルール②「中が先!」

中心とその周囲では、中心の画が先になります。例外は「火」や「情」などのりっしんべんです。

漢字の筆順 中心と周囲

筆順ルール③「外側が先!」

構えなど漢字では、基本的に外側から書いていきます。例外は「区」や「医」です。

漢字の筆順 かまえ

筆順ルール④「左払いが先!」

払いでは、基本的に左払いが先になります。

漢字の筆順 左払い

筆順ルール⑤「貫く縦画・横画は最後!」

その他の画を貫く画は一番最後に書きます。例外は「世」です。

漢字の筆順 中心を貫く

筆順ルール⑥「短い左払いは先!長い左払いは後!」

「右」と「左」、「布」や「友」では左払いの長さが違います。短い左払いは横画よりも先に書き、長い左払いは横画よりも後に書きます。

漢字の筆順 左払い

間違いやすい漢字の画数

漢字の画数に関する問題も出題しやすいです。以下に間違いやすい画数をまとめています。

漢字の画数

【確認問題】漢字の筆順・画数

(1)次の①~④の漢字の矢印で示した画は何画目に書くか。数字で答えよ。

漢字の筆順 画数

(2)次の漢字を漢和辞典の部首索引で調べるとき、何という部首の何画(部首の部分を除いた残りの部分の画数)目を調べればよいか。(例)にならって書きなさい。
(例)科…(のぎへん)の(4)画目

癖…(    )の( )画目

(3)次の漢字の総画数を答えよ。
①乙  ②与  ③子  ④弓  ⑤氏  ⑥糸  ⑦吸  ⑧門  ⑨飛  ⑩弧

【解答】漢字の筆順・画数

(1)① ② ③ ④

(2)(やまいだれ)の(13)画目

(3)① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る