【中学国語】徒然草の要点

スポンサーリンク

【中学国語】徒然草の要点です。

スポンサーリンク

徒然草の要点

吉田兼好が考えたことや、逸話、歴史説話など長短様々に収録されています。「無常観の文学」と称される彼の随筆には、人生の教訓が示されており、庶民にも親しみやすく、身近な古典として愛読されています。

徒然草には。まず序段があり、その後243段から構成されています。有名な序段はこうです。

つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

「やるべき事もなく退屈だったので、一日中硯(すずり)に向かって、心に浮かんでくるいろいろな事を、ただ書いていると、妙におかしな気分になってくる。」

このようにして、つれづれなるままに、恋愛、人生、友人、仏教、自然などについて、ユーモアや皮肉を交えながら綴っています。

徒然草の有名な段

「仁和寺にある法師」や「能をつかんとする人」、「家居のつきづきしく」、「ある人、弓射ることを習ふに」などが有名です。有名な段はストーリーをなんとなく覚えているだけでも点数につながります。その他にも、受験やテストで狙われやすい段は以下の通りです。

  • 十段「家居のつきづきしく」
  • 三十二段「九月廿日の比」
  • 五十二段「仁和寺にある法師」
  • 五十五段「家の作りやう」
  • 五十九段「大事を思ひ立たん人」
  • 八十九段「奥山に、猫またといふものありて」
  • 九十二段「ある人、弓射る事を習ふに」
  • 百九段「高名の木登りといひし男」
  • 百五十段「能をつかんとする人」
  • 百七十段「さしたる事なくて人のがり行くは」
  • 百八十五段「城陸奥守泰盛は、双なき馬乗りなりけり」

問題➀ 【中学国語対策問題】徒然草「仁和寺にある法師」の問題
問題➁ 【中学国語対策問題】徒然草「城陸奥守泰盛」の問題

中学国語
スポンサーリンク
シェアする
この記事を書いた人
君島琴美

Examee編集長。このサイトでは、理科以外の教科を担当。基礎学習サイトPikuuのライターも務める。普段の学習塾では、数学、面接、総合型選抜対策の講座を受け持つ。エグゼクティブ講師として、数々の難関高校、難関大学への合格者を輩出している。

君島琴美をフォローする
国語記事一覧

中学生の国語の学習すべき履修内容のポイント及び対策問題一覧です。定期テストや高校入試対策としてご利用ください。無料で記事は読むことができます。

コメント

テキストのコピーはできません。