【中学理科】学習内容一覧(定期テスト・高校入試対応)

シェアする

中学生の理科に関する学習内容の一覧です。以下のリンク先の学習をすることで、中学生が押させておくべきすべての事柄を網羅しています。

中学1年理科学習内容一覧

中学1年理科では、植物、身近な物質(物質の分類・状態変化・気体・水溶液)、身近な物理現象(光・音・力と圧力)、大地の変化を学習します。受験生の場合は、まずは、植物や大地の変化、気体の性質など、覚えるところや実験の内容をしっかりとマスターし、その後に、計算問題などに挑戦しましょう。

スポンサーリンク

植物の生活と種類

中学1年生の生物のでは、植物について学習します。植物分野の学習では、まず覚えるべき用語をしっかりと暗記することが重要です。漢字のミスも多いので、漢字でちゃんと書けるか確認することも忘れずに。また、植物分野の学習で最も重要な単元は、光合成と呼吸です。対照実験など理科の実験の基本を学習する単元でもありますので、ここはしっかり押さえましょう。

【ポイント】身近な生物の観察
【ポイント】顕微鏡の使い方 【問題】
【ポイント】植物の花のつくり
【ポイント】光合成と呼吸 【問題❶】 【問題❷】 【問題❸】 【問題❹】
【ポイント】蒸散量の計算 【問題】
【ポイント】シダ植物とコケ植物 【問題】
【ポイント】植物の分類 【問題】

物質のすがた

実験で使う、メスシリンダーや上皿てんびん、ガスバーナーの使い方、物質の分類と密度の計算、気体の性質と発生方法、状態変化と密度・温度変化、水溶液と濃度、溶解度などを学習します。特に気体の性質は、今後の学習にも頻繁に登場する内容ですので、絶対にマスターしましょう。また、計算問題も多く登場します。密度の計算濃度の計算溶解度と再結晶の計算までできれば最強です。

【ポイント】ガスバーナーの使い方 【問題】
【ポイント】上皿てんびんの使い方
【ポイント】物質の分類 【問題】
【ポイント】プラスチックの種類と性質
密度の求め方3パターンの計算方法
【ポイント】気体の集め方
【ポイント】気体の性質 【問題】
【ポイント】状態変化と質量・体積・密度 【問題】
【ポイント】状態変化と温度変化 【問題】
【ポイント】蒸留の実験 【問題】
【ポイント】ろ過の方法 【問題】
【ポイント】水溶液の性質 【問題】
【ポイント】溶解度と再結晶 【問題】

身近な物理現象

光の性質、音の性質、力と圧力について学習します。この分野は計算問題作図問題が多く、難しく感じる生徒が多いようです。まずは、基本事項をしっかりと押さえることが重要です。基本をしっかりと身につけることで、応用問題の解き方も見えてきます。受験の場合だと、正答率が低くなる分野ですので、差を付けたい生徒は力を入れて学習してください。

光の反射・屈折のポイント
【ポイント】凸レンズと実像・虚像 【問題】 【作図】
【ポイント】焦点距離の求め方 【問題】
音の性質まとめ・問題
【ポイント】質量と重さ
【ポイント】フックの法則・ばねの計算 【問題】
【ポイント】圧力の計算方法 【問題】
【ポイント】水圧の求め方と作図 【問題】
【ポイント】浮力の求め方4パターンの計算方法 【問題】

大地の変化

火山と火成岩、地震とプレート、地層と化石について学習します。ほとんどが暗記する分野なのが大地の変化です。ここでは、火山と火成岩を結び付けて覚えることが重要です。地震の計算問題も、ただの速さの計算ですので、難しくとらえずに落ち着いて取り組んでください。しっかりと覚えるべきところを覚えた生徒そうでない生徒で差が付きやすい分野でもあります。頑張って覚えましょう。

【ポイント】火山と岩石の覚え方 【問題】
【ポイント】堆積岩と火成岩 【問題】
【ポイント】地震の基礎知識
【ポイント】地震の計算問題 【問題】
【ポイント】プレート
【ポイント】地層のでき方・風化・しん食・堆積
示相化石と示準化石

中学1年理科のまとめ

最後に、中学1年理科で重要な指示薬一問一答記述式の問題に挑戦しましょう。受験生は、特に記述対策が重要です。用語を覚えるだけでなく、その用語を他の人に教えられるレベルのまでなっておいてください。

中学理科の試薬・指示薬のまとめ
中学1年理科の一問一答集
中学1年理科の記述問題

中学2年理科学習内容一覧

中学2年理科では、化学変化、ヒトのからだのつくりとはたらき・動物の分類、電流と磁界、天気を学習します。受験生の場合は、まずは、化学変化、ヒトのからだのつくりとはたらき・動物の分類、天気の前線の通過や日本の天気など、覚えるところや実験の内容をしっかりとマスターし、その後に、質量の計算、回路の計算、湿度の計算問題に挑戦しましょう。

化学変化と原子・分子

化学分野は計算問題が多いと思われがちですが、非常に覚えることが多い分野です。覚えるべきところをしっかりと覚えることが攻略のカギとなります。特に、原子の記号化学式は、中学3年生の学習内容でも重要になります。計算問題もありますが、ほとんど比例関係を利用して解く問題ですので、コツをつかめば簡単に得点できるようになります。まずは、覚えるべきところをしっかりと覚えるようにしましょう。

熱分解のまとめ酸化銀・炭酸水素ナトリウム
水の電気分解の覚え方とポイント・問題
【ポイント】単体と化合物と混合物の分類 【問題】
化学式・化学反応式一覧と暗記用問題
【ポイント】鉄の硫化まとめ・過不足がある計算 【問題】
【ポイント】酸化と燃焼 【問題】
【ポイント】有機物の燃焼 【問題】
【ポイント】酸化銅の還元まとめ 【問題】
質量保存の法則のポイント・問題
化学変化と質量の計算問題
【ポイント】発熱反応と吸熱反応 【問題】

動物の生活と生物の進化

ヒトのからだのつくりとはたらき、動物の分類と進化について学習します。まずは、動物の分類と進化に関しては、正答率が非常に高くなる分野ですので、取りこぼしが無いようにしっかりとマスターしてださい。ヒトのからだのつくりは、消化血液の循環で差がついているようです。血液の種類血管の種類をしっかりと押さえるようにしましょう。

【ポイント】細胞の呼吸・細胞のつくり 【問題】
【ポイント】横隔膜と呼吸運動 【問題】
【ポイント】心臓のつくりと血液の循環 【問題】
【ポイント】消化と吸収 【問題】
【ポイント】だ液の実験 【問題】
【ポイント】肝臓と腎臓のポイント 【問題】
【ポイント】感覚器官と運動器官 【問題】
【ポイント】動物の分類 【問題】
【ポイント】生物の進化と相同器官 【問題】
【ポイント】無セキツイ動物 【問題】

電流とその利用

電気回路の計算は、苦手な生徒が非常に多いようです。基本的な直列回路と並列回路の計算ができるようになれば、入試ではとりあえず大丈夫でしょう。難しい回路の計算は、正答率が非常に低いので、高得点が必要な生徒の未対応するようにしましょう。磁界に関する問題はパターンが少ないですので、電磁誘導コイルの磁界などをしっかりと覚えるようにしましょう。

【ポイント】電流計と電圧計 【問題】
【ポイント】抵抗とオームの法則 【問題】
【ポイント】直列回路と並列回路の計算 【問題】
【ポイント】電力・電力量・熱量の計算方法 【問題】
電流と磁界のまとめとポイント
電磁誘導のポイントと問題演習
真空放電と静電気のポイント・問題

気象のしくみと天気の変化

天気に関する分野です。気象観測の方法は、天気用図記号が書けるようになることがポイントです。湿度の計算問題も登場しますが、飽和水蒸気量や湿度の意味をしっかりととらえることで、計算方法が見えてきます。日本の天気も覚えやすいので、しっかりと覚えましょう。そして、もっとも入試に出やすいのが前線の通過です。温帯低気圧の通過に関して、どんな雲ができ、雨の降り方はどうなのか、通過後の気温の変化はどうなのかを答えられるようになっておきましょう。

【ポイント】天気の記号 【問題】
飽和水蒸気量の計算・湿度や露点の求め方
雲のでき方と低気圧・高気圧
前線と温帯低気圧のポイント
海陸風と季節風のポイント
【ポイント】日本の天気に影響を与える4つの気団 【問題】

中学2年理科のまとめ

最後に、中学2年理科で登場する用語を一問一答集で確認しておきましょう。また。記述対策も重要です。特に受験生は記述式で理科の現象を説明できるようになることが大切です。

中学2年理科の一問一答集
中学2年理科の記述問題

中学3年理科学習内容一覧

中学3年理科では、力と運動・仕事とエネルギー、生物の成長と生殖・遺伝、イオンと化学変化、天体を学習します。中学3年生は受験生になりますので、中学3年の理科の学習内容は、日々の学習が定期テスト対策と受験対策になります。学校でマスターする気持ちで授業を受けましょう。したがって、受験対策としては1年・2年内容を中心に学習していくことになります。

運動とエネルギー

物体が運動るためには力がはたらくこと必要です。まずは、力のつり合いや合成・分解について学習します。力の合成・分解の作図ができるようになりましょう。次は、速さの計算です。等速直線運動、だんだん速くなる運動のどちらかを見極め、記録タイマーストロボスコープの実験の計算ができるようになることが大切です。仕事の計算では、滑車・斜面・てこの仕事が計算できるように練習を行ってください。

記録タイマーを使った速さの計算
力がはたらく運動と等速直線運動・慣性の法則
仕事「動滑車・斜面・てこ」
力学的エネルギーのポイントと問題演習
エネルギー・熱の移り変わりと発電方法

生命のつながり・自然のつながり

生物の成長と細胞分裂、有性生殖と無性生殖、遺伝の規則性とDNAについて学習します。細胞分裂、生殖共に正答率が高くなります。受験生は完璧に答えられるように仕上げてください。また、遺伝の規則性では、孫の代の種子の形質の比を、自分で求められるようになっておきましょう。また、DNA遺伝子の知識も今後さらに重要になってくるでしょう。

細胞分裂と生物の成長のポイント
有性生殖のまとめとポイント
遺伝のまとめ・遺伝子とDNA
【ポイント】生態系や食物連鎖 【問題】
【ポイント】炭素の循環と生産者・消費者・分解者 【問題】
【ポイント】分解者のはたらき 【問題】
生物濃縮と水質調査

化学変化とイオン

イオンについて学習します。ここは中学理科の中でも最も重要で、難しい分野でもあります。まずは、陽イオンと陰イオンのでき方をしっかりと定着させ、いろいろな物質が電離するようすを理解してください。そうすることで、塩化銅や塩酸の電気分解がスムーズに学習できます。化学電池はほとんど暗記です。イオン化傾向を押さえて、応用問題まで解ける状態にしておきましょう。中和の計算は難化しやすいので、深追いはせず、基本問題ができるところまででとどめておきましょう。

原子とイオン・電離のポイント・問題演習
【ポイント】イオン式と電離式の暗記練習・確認テスト
塩酸・塩化銅水溶液・水の電気分解のポイント
【ポイント】化学電池・燃料電池 【問題】
【ポイント】酸とアルカリの実験 【問題】
【ポイント】中和の実験・イオン数 【問題】

地球と宇宙

中学理科の最後の学習分野が天体になります。地球の自転と公転、それによって起こる見かけの運動である日周運動と年周運動をマスターすることが最も重要です。身近な天体である太陽金星に関しても出題頻度が高いのでマスターしましょう。

地球の自転と日周運動のポイント・問題
地球の公転と年周運動・時間や方角の計算問題
星座の覚え方と見える方角・時間
地軸の傾きと季節の変化・黄道十二星座
太陽のポイント・問題演習
月の見え方のポイント・問題演習
金星の見え方のポイント・問題演習
天体の種類と太陽系

中学3年理科のまとめ

最後に一問一答と記述対策で3年生の理科内容を総復習しましょう。また、入試直前対策として、入試によく出る項目の最終確認、漢字ミスチェック、作図対策ができるようにしています。

中学3年理科の一問一答集
中学3年理科の記述問題
中学3年理科の問題プリント
高校入試理科でよく出る作図問題のまとめ
高校入試理科「直前チェック!」暗記項目の最終確認
高校入試理科「漢字チェック!」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る