【中学国語】漢字の部首まとめ・練習問題

シェアする

中学国語の漢字の部首について学習します。ここでは、漢字を組み立てている部分の、位置による分類と呼び名を理解すること。また、部首の表すものを知ることがポイントとなります。また、行書の文字の部首を問う問題など、発展した形の出題も考えられます。

漢字の部首

部首(ぶしゅ)は、漢字の組み立ての基本となり、意味を表す共通部分です。部首は、位置によって次のように分類されます。

スポンサーリンク

偏(へん)

漢字の部首「へん」

  • あしへん…路・距・跡
  • いとへん…絵・細・紙
  • おんなへん…姉・妹・始
  • かいへん…貯・財・購
  • かねへん…銀・鉄・鏡
  • かばねへん…死・残・殊
  • きへん…校・村・林
  • ぎょうにんべん…後・待・役
  • くちへん…味・唱・吸
  • くるまへん…軽・転・輪
  • けものへん…独・犯・猿
  • こざとへん…院・階・陽
  • ころもへん 複・補・褐 部首がころもへんの漢字
  • ごんべん…記・計・語
  • さんずい…海・活・汽
  • しめすへん…社・神・福
  • てへん…指・持・拾
  • とりへん…配・酸・酵
  • にくづき…腸・脈・肥
  • にんべん…休・何・作
  • のぎへん…科・秋・秒
  • りっしんべん…慣・情・性

旁(つくり)

漢字の部首「つくり」

  • あくび…歌・欧・歓
  • おおがい…顔・頭・題
  • おおざと…都・部・郡
  • さんづくり…形・影・彩
  • ちから…助・勝・動
  • つき…朝・期・朗
  • とり…鳴・鶏・鶴
  • のぶん…教・数・整
  • ふるとり…雑・難・雅
  • また…取・収・叔
  • りっとう…前・列・刷
  • るまた…殺・段・殴

冠(かんむり)

漢字の部首「かんむり」

  • あなかんむり…空・究・窓
  • あみがしら…置・罪・署
  • あめかんむり…雲・雪・電
  • うかんむり…家・室・安
  • おいかんむり…考・者・老
  • おおいかんむり…要・覇・覆
  • くさかんむり…花・草・茶
  • たけかんむり…算・答・第
  • なべぶた…京・交・亡
  • はつがしら…登・発
  • ひとやね…会・今・倉
  • わかんむり…写・冠・冗

脚(あし)

漢字の部首「あし」

  • こころ(したごころ)…思・悪・ 慕
  • かい…買・負・貨
  • ころも…製・装・襲
  • さら…益・盛・盟
  • したみず…泰
  • とり…鷲・鷺・鷹
  • はち…六・具・共
  • ひとあし(にんにょう)…先・兄・元
  • れんが(れっか)…点・照・然

垂(たれ)

漢字の部首「たれ」

  • かばね…屋・局・居
  • がんだれ…原・厚・厄
  • とだれ…扇・扉・房
  • まだれ…広・店・庫
  • やまいだれ…病・痛・疫

繞(にょう)

漢字の部首「にょう」

  • えんにょう…建・延・廷
  • きにょう…魅・魁
  • しんにょう…遠・近・週
  • そうにょう…起・越・趣
  • ばくにょう…麺

構(かまえ)

漢字の部首「かまえ」

  • きがまえ…気・氣
  • ぎょうがまえ…街・衛・術
  • くにがまえ…国・園・回
  • けいがまえ…円・再・冊
  • しきがまえ…式・弐
  • つつみがまえ…包・勾・匂
  • はこがまえ(かくしがまえ)…医・匡・区
  • ほこがまえ…成・我・戒
  • もんがまえ…間・開・関

これらの部分は、漢字のおおまかな意味を表します。

間違えやすい漢字の部首

次の漢字の部首は、非常に間違えが多いものです。部首の示している意味をしっかりと考え、それでも腑に落ちない場合は、覚えてしまうことが大切です。

  • …部首は「口(くち)」で、「門(もんがまえ)」ではない。
  • …部首は「耳(みみ)」で、「門(もんがまえ)」ではない。
  • …部首は「目(め)」で、「木(きへん)」ではない。
  • …部首は「穴(あなかんむり)」で、「うかんむり」ではない。
  • …部首は「八(はち)」で、「なべふた」ではない。
  • …部首は「行(ぎょうがまえ)」で、「ぎょうにんべん」ではない。
  • …部首は「口(くち)」で、「人(ひとがしら)」ではない。
  • …部首は「鳥(とり)」で、「口(くちへん)」ではない。
  • …部首は「夕(ゆうべ)」で、「なべふた」ではない。
  • …部首は「八(はち)」で、「貝(かい)」ではない。
  • …部首は「欠(あくび)」で、「にすい」ではない。
  • …部首は「酉(とりへん)」で、「さんずい」ではない。
  • …部首は「力(ちから)」で、「月(つきへん)」ではない。
  • …部首は「心(こころ)」で、「目(め)」ではない。
  • …部首は「田(た)」で、「火(ひへん)」ではない。
  • …部首は「口(くち)」で、「禾(のぎへん)」ではない。
  • …部首は「木(き)」で、「うかんむり」ではない。
  • …部首は「行(ぎょうがまえ)」で、「ぎょうにんべん」ではない。
  • …部首は「口(くち)」で、「大(だい)」ではない。
  • …部首は「刀(かたな)」で、「しめすへん」ではない。
  • …部首は「十(じゅう)」で、「なべふた」ではない。
  • …部首は「のぶん」で、「貝(かいへん)」ではない。
  • …部首は「月(つき)」で、「王(おう)」ではない。
  • …部首は「牛(うしへん)」で、「のぶん」ではない。
  • …部首は「おおいかんむり」で、「女(おんな)」ではない。
  • …部首は「斗(と・とます)」で、「米(こめへん)」ではない。
  • …部首は「土(つち)」で、「がんだれ」ではない。
  • …部首は「心(こころ)」で、「まだれ」ではない。
  • …部首は「王(おうへん)」で、「見(みる)」ではない。
  • …部首は「さんずい」で、「ふるとり」ではない。
  • …部首は「玄(げん)」で、「なべふた」ではない。
  • …部首は「寸(すん)」で、「しんにょう」ではない。
  • …部首は「止(とめる)」で、「しきがまえ」ではない。
  • …部首は「力(ちから)」で、「のぶん」ではない。
  • …部首は「夕(ゆう)」で、「くさかんむり」ではない。
  • …部首は「止(とめる)」で、「がんだれ」ではない。
  • …部首は「火(ひ)」で、「がんだれ」ではない。
  • …部首は「心(こころ)」で、「うかんむり」ではない。
  • …部首は「ツ(つ)」で、「のぶん」ではない。
  • …部首は「禾(のぎへん)」で、「殳(るまた)」ではない。
  • …部首は「くさかんむり」で、「れんが」ではない。
  • …部首は「耳(みみ)」で、「王(おう)」ではない。
  • …部首は「木(き)」で、「さんずい」ではない。
  • …部首は「衣(ころも)」で、「ほこづくり」ではない。
  • …部首は「大(だい)」で、「田(た)」ではない。
  • …部首は「いとがしら」で、「力(ちから)」ではない。
  • …部首は「衣(ころも)」で、「なべふた」ではない。

漢字の部首の練習問題

漢和辞典では、似ているものを集めて同じ部類にまとめています。たとえば、「にんべん」「ひとやね」「ひと」では、人の動作や状態に関係するものが多いので、部首「人」の部にまとめられています。

部首のあつかいは、漢和辞典によって異なる場合があります。

練習問題1

次の各組の漢字群が属する部首を下から選びなさい。

  1. 愛 情 忘
  2. 装 裏 補
  3. 泉 氷 湖
  4. 災 墨 点
  5. 祖 神 禁
  6. 通 辺 遠
  7. 仏 令 似

<選択肢>
ア にょう
イ 示
ウ 火
エ 心
オ 衣
カ 水
キ 人

練習問題2

次の下線部①~③の漢字を漢和辞典で調べるとき、どの部首で調べれば、よいか。その部首のよび名を書きなさい。

学校の運動①場のとなりに、②広い空き地がある。そこに、図書館が③建設されることになった。

①部首の呼び名(     )
②部首の呼び名(     )
③部首の呼び名(     )

漢字の部首の練習問題【解答】

<練習問題1>

<練習問題2>

①部首の呼び名( つちへん )
②部首の呼び名( まだれ )
③部首の呼び名( えんにょう )

以上が、中学国語の「漢字の組み立てと部首」となります。最近では、入試やテストでも、その出題が散見されるので、確実に得点できるよう繰り返し学習しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る