【中学国語】頻出の多義語まとめ

スポンサーリンク

多義語

1つの語で多くの意味や用法をもつ語を多義語といいます。日常生活で、私たちは多くの多義語を利用しています。また、多義語は使われている文脈から意味が判断できます。

多義語の例「かける」

「かける」という言葉一つで、これだけの意味あります。

  • ドアにかぎをかける…開かないように留める、という意味。
  • 外から声をかける…声に出して言う、という意味。
  • トマトに塩をかける…液体や粉を浴びせる、という意味。
  • 電話をかける…電話を発信する、という意味。
  • 椅子に腰をかける…椅子に座る、という意味。
  • 100に20をかける…掛け算する、という意味。
  • 眼鏡をかける…眼鏡を顔に装着する、という意味。
  • 音楽をかける…音楽を流す、という意味。

演習【中学国語】類義語・対義語・多義語の演習問題

コメント

タイトルとURLをコピーしました