中1理科「物質の分類」金属と非金属・有機物と無機物・プラスチック

シェアする

スポンサーリンク

中学1年理科。植物を分類したように、世の中に存在するさまざまな物質も分類してみましょう。今日は「金属と非金属」、「有機物と無機物」について学習します。

金属と非金属

物質を分類するときに、金属」と「非金属という分類の方法があります。金属とは100円玉や鉄くぎなどのように、特有の光沢をもつ物質です。次の3つの性質を自分で書けるように覚えてください。

スポンサーリンク

金属の性質

金属の性質!❶みがくと金属特有の光沢がでる。
❷たたくとうすく広がり、引っ張るとのびる。(展性・延性)
❸熱や電気をよく通す。

以上の性質をもつものが金属です。鉄や銀、銅、金、アルミニウム、亜鉛、マグネシウム、ナトリウムなどが金属になります。

磁石にくっつく

ここで注意したいのは、磁石にくっつく、引き寄せられるのは金属の性質ではないということです。磁石に引き寄せられる金属は、中学校で出てくる金属の中でもだけになります。

間違いに注意!磁石にくっつくのは鉄だけ!金属の性質ではない!

非金属

金属以外の物質は非金属と呼ばれます。金属の性質をもたない物質です。

有機物と無機物

次に、有機物」と「無機物という分類方法を見ていきましょう。物質を加熱すると黒く焦げる物質、何の変化も見られない物質など違いが見られます。黒く焦げ、二酸化炭素が発生する物質が有機物、焦げずに二酸化炭素も出さない物質が無機物になります。

有機物

絶対覚える!炭素を含む物質で、燃やすと二酸化炭素が発生する物質。

有機物は炭素Cという元素を含んでいるので、燃やすと二酸化炭素CO₂が発生します。次のような物質が有機物です。

  • 砂糖
  • 小麦粉
  • ろう
  • 石油
  • プラスチック
  • ガス
  • ガソリン
  • エタノール

などがあります。また、有機物は水素Hという元素も含んでいるため、燃やすとH₂Oが生じることも覚えておけば完璧でしょう。

無機物

有機物以外の物質は無機物とよばれます。先に登場した金属などは無機物の代表例です。

物質の分類

プラスチック

有機物の代表であるプラスチック。原料は石油(ナフサ)で、現在私たちの暮らしのあらゆるところで使われている物質です。軽くて硬く、加工がしやすいのが特徴です。次の6つの名前と略称を覚えましょう。

  • PEポリエチレン
    用途)レジ袋、ラップ、バケツなど
  • PPポリプロピレン
  • 用途)ペットボトルのふた、ストロー、医療機器など
  • PSポリスチレン
  • 用途)食品のトレイ、CDケースなど
  • PETポリエチレンテレフタラート
    用途)ペットボトル、卵の容器など
  • PVCポリ塩化ビニル
    用途)消しゴム、ホース、水道管など
  • PMMAアクリル樹脂
  • 用途)水槽、飛行機の窓、フォトフレームなど

プラスチックの詳しいまとめ。

プラスチック

物質の分類 練習問題

  1. 次の中から金属を選べ。
    ア:ガラス イ:酸素 ウ:マグネシウム エ:水
  2. 金属の性質を3つ簡単に答えよ。
  3. 金属以外の物質を何というか。
  4. 燃やすと二酸化炭素と水を発生させる物質を何というか。
  5. 4は何を含む物質と言われるか。
  6. プラスチックの原料は何か。
  7. PETの正式名称を答えよ。

解答

  1. みがくと金属特有の光沢がでる。
    たたくとうすく広がる
    熱や電気をよく通す。
  2. 非金属
  3. 有機物
  4. 炭素
  5. 石油
  6. ポリエチレンテレフタラート

物質の分類 入試レベル問題に挑戦!

物質の分類ができるかどうか、物質の判別問題に挑戦してみましょう。よい出題されているのが「白い粉末」の判別問題です。有機物と無機物の違いが理解できていれば難なく解ける問題です。

その他の理科の学習単元はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る