直接民主制と間接民主制の比較と違い

シェアする

スポンサーリンク

直接民主制と間接民主制の比較と違いをまとめています。入試でも、「選挙」や「政治」と絡めて出題されることが多いです。自分で簡潔に説明できるようにしておきましょう。それでは、「直接民主制と間接民主制の比較と違い」です。

直接民主制と間接民主制

制度 直接民主制 間接民主制
内容 国民や住民が直接話し合いに参加 選挙で選ばれた代表者が集まって議会を作り、物事を話し合って決める

間接民主制は、多くの国で採用され、「議会制民主主義(代議制)」とも言う。戦後の日本国憲法も代表民主制の立場をとり、戦前のような天皇制統治を否定している。

スポンサーリンク

議会制民主主義

政治は、ルールを定め、対立や争いを解決に導くこと。一般的に国や地方自治体で行われている政治を指します。民主主義とは、みんなで話し合い、決定するやり方。国民主権と基本的人権が不可欠で個人の尊重を基本とする。

多数決の原理

話し合いでは多数の意見を採用することが一般的。結論を出す前に少数意見の尊重が必要。多数決原理の正当性の根拠の一つとして,多数決では支持した提案が否決される可能性と反対した提案が可決される可能性の合計が最も低いということがあげられる。多数決の問題点としては少数者の意見が看過され多数者の専制に陥る危険性が指摘される。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする