高校入試地理の南米大陸の諸国のそれぞれの農業や工業の特徴!

高校入試地理の南米大陸の諸国のそれぞれの特徴を3分でつかむ!の記事です。ブラジル、アルゼンチンを筆頭に、それぞれの国が独自の強みを生かし、経済を成り立たせています。そのあたりが、入試で出題されます。それでは、高校入試地理の南米大陸の諸国のそれぞれの特徴を3分でつかむ!をみていきましょう。

南米大陸の諸国のそれぞれの特徴

国名 ブラジル アルゼンチン ペルー ベネズエラ チリ
気候 サバナ気候
農業 コーヒー・サトウキビの栽培 ラプラタ川流域パンパ(草原)
工業 鉄鉱石・ボーキサイト 金の生産量は世界一 石油・石油製品 銅の生産量が世界一
その他 環境問題が深刻 インカ帝国の遺跡が多く残る 南アメリカ最大の産油国 南北に細長い国
  • 多くの国がスペイン語とポルトガルが公用語。
  • 鉱産資源に頼る国が多い(モノカルチャー経済)
スポンサーリンク

練習問題

(    )に適語を入れよ。
(1)南アメリカ大陸にある国をうち、(    )を除くほとんどの地域は、スペインの植民地だった。
(2)南アメリカ大陸の先住民は(    )とよばれる人々である。
(3)赤道付近を流れる(    )は、世界で最も流域面積が広い。
(4)ブラジルは(    )の背山稜・輸出量がともに世界一である。
(5)ブラジルは、鉄鋼資源が豊富で、(    )の生産量は世界有数である。
(6)ペルーにはかつて栄えた(    )帝国の遺跡が多くあり、世界遺産に指定されているものもある。

解答

(1)ブラジル
(2)インディオ
(3)アマゾン川
(4)コーヒー
(5)鉄鉱石
(6)インカ

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする