中学地理「日本の貿易輸出・輸入品目ランキング」一覧

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「日本の貿易輸出・輸入品目の変化の歴史(流れ)」の比較と違い一覧です。入試でも、グラフを使ってよく出題されるところです。これ機にしっかり、覚えていきましょう。それでは、中学地理「日本の貿易輸出・輸入品目の変化の歴史(流れ)」の比較と違い一覧です。

日本の貿易輸出・輸入品目

典型的な加工貿易の形態が変化しつつある。原材料に加え、1980年代以降、アジア諸国・アメリカからの機械類の輸入が増加。輸出品は付加価値の高い機械類が中心。原材料・燃料を輸入に依存。加工貿易で発展。石油危機後、素材型産業が停滞し、エレクトロニクス産業が増加。

スポンサーリンク

日本の輸出品

年号 額(億円) 1位 2位 3位
1960 14596 せんい品 機械類 鉄鋼
1980 29383 機械類 自動車 鉄鋼
2010 673996 機械類 自動車 鉄鋼

日本の輸入品

年号 額(億円) 1位 2位 3位
1960 16168 せんい原料 石油 機械類
1980 319953 石油 液化ガス 木材
2010 607650 機械類 石油 液化ガス

日本の貿易まとめ

日本の貿易は、加工貿易に依存していたが、現在は製品輸入が増加。

  • 貿易相手…輸出入とも中国が1位。ついでアメリカ合衆国。
  • 主な貿易港…成田国際空港・東京港・名古屋港・横浜港など。
  • 問題点…貿易摩擦。工場の海外移転による産業の空洞化。

貿易の形態

  • 自由貿易…国家の干渉がなく、自由に行われる貿易のこと。
  • 保護貿易…輸入品に高い関税を課すなどして、自国の産業の保護・育成を図る。

日本の貿易 練習問題

  1. 現在の日本の最大の貿易相手国は、どこか。
  2. 現在の日本の最大の輸出品は、なにか。

解答

  1. 中国
  2. 機械類

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク