【中学地理】北アメリカ州のポイント

中学地理の「北アメリカ州」で覚えておくべきことまとめです。

スポンサーリンク

北アメリカ州のポイント

北アメリカ州は、カナダ、アメリカ合衆国、メキシコが入ります。北部は、寒帯と冷帯、南東部と太平洋岸は温帯、西部と中央部は乾燥帯が広がっています。また、フロリダ半島とハワイ諸島は熱帯です。

アメリカの山脈

  • ロッキー山脈 アメリカ合衆国の西部には高くて険しい南北に連なっている山脈
  • アンデス山脈 南アメリカ大陸西部を南北にはしる山脈

アメリカの農業・農産物

地域プレーリーからグレートプレーンズ中央平原北部のオハイオ州からアイオワ州五大湖の周辺南部一帯から東部カリフォルニア州西経100°より西
農産物小麦トウモロコシ・大豆綿花・大豆・落花生ぶどう、オリーブ、オレンジ
農業酪農地中海式農業放牧
  • 労働者を雇い大型機械を使用して大規模に栽培。自然条件や社会条件に適した作物を栽培(適地適作)。大規模に栽培すると生産にかかる費用は安くなる。
  • アメリカは、世界の食料庫で、小麦・トウモロコシ・大豆などを大量に生産し、世界各地に輸出している。アメリカ合衆国で生産された農作物は世界各地に輸出。

確認【北アメリカの地形】グレートプレーンズとプレーリーとの比較と違い

アメリカの「工業」

都市・地域メキシコ湾岸、カルフォルニア、アラスカアパラチアスペリオル湖岸デトロイトピッツバーグサンフランシスコ近郊
工業製品原油石炭鉄鋼石自動車工業鉄鋼業電子工業
備考アメリカの埋蔵量は世界一メサビ鉄山五大湖周辺シリコンバレー
  • サンベルト…北緯37度以南での先端技術産業が発達。
  • シリコンバレー…サンフランシスコ近郊にある電子工業の中心地域。情報化社会にあわせ、アメリカでは先端技術産業が発達。多国籍企業…アメリカ合衆国の世界各国に工場や支社を置く企業が多い。
  • NAFTA(北アメリカ自由貿易協定)…アメリカ合衆国・カナダ・メキシコは経済分野での協力を進めている。

アメリカの民族

先住民は、ネイティブアメリカンとヨバレルインディアンとイヌイット。ヨーロッパ系やアフリカ系、中南米の諸国などから移住してきたヒスパニックや、アジア系の移民など、多民族国家を形成しています。

カナダ

17世紀からフランス人が入植(ケベック州に多い)、後イギリス人が増加。森林・鉱産資源が豊富。工業はアメリカ資本が支配。18世紀初めに支配をめぐりイギリスとフランスが対立。1763年、イギリスが支配。1931年独立。

北米自由貿易協定(NAFTA)

1992年に、アメリカ、カナダ、メキシコの3か国による北米自由貿易協定(NAFTA)が結ばれ、自由貿易圏が新たに生まれた。これを南米やカリブ海諸国にまで広げる米州自由貿易地域(FTAA)の発足も検討されている。

中学社会をポイントで学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学地理
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました