【中学歴史】昭和時代の要点まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の昭和時代のポイント・流れです。昭和も入試には必ずと言って出題されます。第二次世界大戦前後、日本の国際社会復帰まで、高度経済成長のあたりは、よく出題されるので、出来事の内容、登場人物など深く学んでいきましょう。それでは、中学歴史の昭和時代のポイント・流れです。

昭和時代

スポンサーリンク

戦前

事件 五・一五事件 二・二六事件
1932年5月15日 1936年2月26日
内容 犬養毅首相が海軍の将校に暗殺 陸軍の青年将校が首相官邸や警視庁を襲撃
事件後 国際連盟を脱退し、満州支配 満州事変で日本は国際的に孤立
  • 五・一五事件…1932年に五・一五事件で海軍の青年将校らにより犬養毅首相が暗殺され、政党政治は終わった。朝鮮総督経験者で唯一の海軍出身者である斎藤実は、五・一五事件直後に総理大臣に就任した。 第一次世界大戦の開戦から日中戦争開戦までの時期に、リットン報告書にもとづく勧告が採択されると、日本は国際連盟を脱退した。
  • 二・二六事件…二・二六事件では、陸軍の青年将校らが部隊を率いて政府要人名重要施設を襲撃した。昭和恐慌の影響でアメリカ市場向けの生糸輸出額が急減した。1920年代後半から1930年代後半にかけて、日本は朝鮮進出に成功して新興財閥”へ成長した。高橋財政の結果、軍需などにささえられて重化学工業が急速に発達し、その生産額は全工業生産額のほぼ半分に達した。

軍部の発言力が強まる

  • 日中戦争…日本と中国全面戦争に突入。
  • 盧溝橋事件…1937年北京郊外の盧溝橋付近で起こった日中両軍が武力衝突。日中戦争が始まる。
  • 抗日民族統一戦線…1937年9月それまで対立していた蒋介石が率いる国民党と毛沢東を指導する中国共産党が協力して日本に対抗するため結成。

泥沼化する戦争は、南京事件が象徴で、日本軍が一般人含む多数の中国人を殺害。中国での抗日知識が高まり戦争が全国中国全土に広がった。

第二次大戦ごろ

➊世界恐慌(確認中学歴史の世界恐慌でのニューディール政策とブロック政策の比較と違い
➋満州事変(確認中学歴史の満州事変と日中戦争のきっかけなど比較と違い
➌日中戦争(確認中学歴史「日本の中国侵略」
➍太平洋戦争(確認高校入試に出る中学歴史の第二次世界大戦と太平洋戦争の違いと比較
➎ポツダム宣言受諾
➏GHQの民主化政策(確認戦後のGHQの民主化政策・改革(財閥・農地・選挙・憲法・教育)の比較まとめ

日本の国際社会復帰

➊サンフランシスコ平和条約(確認高校入試対策・社会「テストに出る条約とその内容」のまとめ
➋日ソ共同宣言(日ソ共同宣言にて1956年ソ連との国交回復する。ソ連の支持も受け、日本は、国連の加盟が実現する。)
➌国際連合加盟(確認国際連盟と国際連合の比較と違い

サンフランシスコ平和条約

サンフランシスコ平和条約は単独講和であり、日本の国際連合加盟は独立回復後の1956年のことであった。1952年のメーデーでは単独講和反対のスローガンを掲げたものもあった。サンフランシスコ講和条約によって、沖縄がアメリカの統治下に置かれた。サンフランシスコ講和条約と同じ日に日米安全保障条約が調印された。

戦後の世界

➊朝鮮戦争
➋石油危機(第4次中東戦争をきっかけに石油価格が上昇し、先進国不況に陥った。日本は、いち早く不況から抜け出し経済大国となる。)
➌高度経済成長(確認高校入試社会「高度経済成長期」の日本で覚えておくべきこと
➍冷戦の終結

朝鮮戦争

統一を目指して朝鮮民主主義人民共和国が大韓民国に侵攻したことをきっかけで始まる。1953年に休戦。朝鮮戦争が勃発すると日本は特需景気を迎えた。朝鮮戦争では中国は義勇軍送って、朝鮮民主主義人民共和国を援助した。一方でアフリカは、1960年27国が独立。「アフリカの年」となる。植民地支配から多くの国が解放されるが、紛争・飢餓・経済格差などの問題が残る。

冷戦(東西対立)

冷戦は、第二次世界大戦後、世界は米ソ両大国を中心とする東西両陣営に分裂。ヨーロッパでの東西分立、アジアでの武力衝突の後、両陣営の対立は、核の脅威のもとに米ソ直接対決を避け、世界的な軍事ブロックを結成して向き合うことになった。

  • 1945年…第二次世界大戦の終結・国際連合の発足 確認 国際連盟と国際連合の比較と違い
  • 1948年…朝鮮半島が南北に分裂
  • 1949年…ドイツが東西に分裂。アメリカ合衆国など西側諸国が北大西洋条約機構をつくる
  • 1950年…朝鮮戦争(~53年)
  • 1955年…旧ソ連・東ヨーロッパ諸国がワルシャワ条約機構を結ぶ
  • 1961年…ドイツにベルリンの壁ができる
  • 1962年…旧ソ連がキューバにミサイル基地を建設することに対して、アメリカ合衆国が対抗したキューバ危機がおこる
  • 1963年…部分的核実験停止条約調印
  • 1968年…核拡散防止条約調印
  • 1979年…旧ソ連がアフガニスタンへ侵攻
  • 1987年…米ソの間で中距離核戦力全廃条約を調印
軍事同盟の成立
1949年に資本主義陣営(西側)で北大西洋条約機構 (NATO)が成立。これに対し、1955年に社会主義陣営(東側)でワルシャワ条約機構(WTO)を結成して対抗した。
第三世界の台頭
  • 平和5原則…1954年、周・ネルー会談が行われ、領土と主権の相互尊重、相互不可侵、内政不干渉平等互恵、平和共存の5つの原則を合意。
  • アジア・アフリカ会議…1955年、インドネシアのバンドンで開催。基本的人権や国連憲章の尊重、正義と国際義務の尊重などの平和10原則を採択。
  • 植民地独立付与宣言…1960年(「アフリカの年」と呼ばれる)に国連総会で植民地主義の終結が宣言された。
地域紛争

地域紛争(旧ユーゴスラビア内戦など)、核兵器などの大量破壊兵器の拡散やテロリズムの発生しています。

  • 中東…イラクがクウェートに侵攻した湾岸戦争。2001年に起こった同時多発テロを理由とするアメリカのアフガニスタン攻撃、イラク戦争など、民族・宗教などの違いから紛争が続いています。
  • 地域紛争の解決のために…国際の平和維持活動(PKO)の役割と民間の非政府組織(NGO)の活躍しています。
冷戦の終結

1962年のキューバ危機以降、1963年の部分的核実験停止条約調印や 1968年の核拡散防止条約調印など、米ソ間で軍縮が討議されるようになった。

中学歴史「昭和時代の一問一答用語チェック」です。 レベル:基礎 対応:定期テスト・入試 頻出度:よく出る ポイン...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る