【中学歴史】江戸時代のまとめ・ポイントと一問一答用語チェック

シェアする

中学歴史。江戸時代の重要出来事をまとめています。関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が、どのように江戸幕府をつくっていったのか。また、家光による参勤交代の仕組み、江戸の三大改革、慶喜による大政奉還まで江戸時代すべてを学習します。江戸時代に栄えた、元禄文化と化政文化についてもポイントを押さえます。

江戸幕府の成立

関ヶ原の戦いで、石田三成が率いる西軍を破った徳川家康は、1603年に征夷大将軍に任じられ江戸に幕府を開きます。2年後には、将軍を徳川秀忠に譲り、大御所として実験を握り続けます。大阪冬の陣(1614年)、大坂夏の陣(1615年)によって豊臣氏を滅ぼし、翌年の1616年に家康は死去します。

スポンサーリンク

江戸時代の年表

ここで、江戸時代の主要な出来事を年表にまとめてみました。大まかな流れをつかみましょう。

年号 出来事
1600年 関ヶ原の戦いで、家康率いる東軍が勝利。
京都所司代を設置。
1603年 家康が征夷大将軍となり、江戸幕府を開く。
1609年 薩摩藩の島津氏が琉球征服。
1613年 慶長遣欧使節を派遣。禁教令を全国に出す。
1614年 大坂冬の陣。
1615年 大坂夏の陣で豊臣氏が滅ぶ。
武家諸法度、禁中並公家諸法度を出す。
1616年 徳川家康死去。
1617年 日光東照宮の建設に着手。
1623年 イギリスが平戸の商館を廃止し、日本から撤退。
1624年 スペイン船の来航を禁止。
1629年 長崎で絵踏が始まる。
1635年 日本人の海外渡航・帰国を禁止。
参勤交代が制度化される。
1636年 朝鮮から通信使が来航。
1637年 島原・天草一揆が起こる。
1639年 ポルトガル船の来航を禁止。
1640年 イギリスでピューリタン革命が始まる。
1641年 オランダ商館を出島に移す。鎖国体制の完成。
1669年 蝦夷地でシャクシャインの戦いが起こり鎮圧される。
1685年 5代将軍徳川綱吉が生類憐みの令を出す。
1688年 イギリスで名誉革命が起こる。翌年、権利章典が制定される。
1690年 湯島聖堂が完成。儒学を奨励。
1709年 新井白石による正徳の政治が始まる。
1716年 8代将軍徳川吉宗が享保の改革を始める。
1732年 西日本で享保の飢饉が発生。
1772年 田沼意次が老中となる。株仲間の奨励。
1775年 アメリカ独立戦争が始まる。翌年、独立宣言が出される。
1782年 天明の飢饉が発生。
1787年 松平定信が寛政の改革を始める。
1789年 フランス革命が始まり、人権宣言が出される。
1804年 ナポレオンがフランスの皇帝になる。
1808年 フェートン号事件。外国船の日本接近が増加。
1825年 異国船打払令が出される。
1833年 天保の飢饉が起こる。
1837年 大塩平八郎の乱が起こる。
1839年 蛮社の獄。
1841年 水野忠邦の天保の改革が始まる。
1842年 アヘン戦争で清がイギリスに敗れる。
薪水給与令が出される。
1851年 清で太平天国の乱が始まる。
1853年 ペリーが浦賀に来航。
1854年 日米和親条約が結ばれる。
1856年 総領事ハリスが下田に着任。
1857年 イギリスの支配に対し、インド大反乱が起こる。
1858年 日米修好通商条約が結ばれる。
1859年 安政の大獄で吉田松陰らが処刑される。
1860年 桜田門外の変で大老井伊直弼が暗殺される。
1861年 アメリカで南北戦争が起こる。リンカン大統領の北部が勝利。
1862年 薩摩藩士がイギリス人を殺傷する生麦事件が起こる。
1863年 薩英戦争が起こる。
1863年 長州藩外国船砲撃事件が起こる。翌年、四国艦隊下関砲撃事件が起こる。
1866年 薩長同盟が結ばれる。
1867年 大政奉還が行われる。王政復古の大号令が出される。江戸幕府滅亡。
1868年 戊辰戦争が始まる。

特に、江戸の三大改革の順番や、ヨーロッパやアメリカでの出来事と江戸時代の出来事を、関連付けて覚えることが重要です。

幕藩体制

幕府と藩が全国の土地と人民を支配するしくみを幕藩体制といいます。幕府が直接支配した領地を幕領、各大名が支配した領地とそのしくみをといいます。

この幕藩体制を支えたのが、江戸幕府のしくみです。将軍を補佐する役職の名前や、朝廷や西国の大名の監視機構などをしっかりと覚えましょう。

江戸幕府の職制

入試で狙われやすいのは、老中、大老、京都所司代、若年寄です。ここで、将軍に次ぐ、幕府№2を、鎌倉・室町・江戸で確認しておきます。

武家諸法度

江戸幕府の大名を統制するための決まりを武家諸法度といいます。2代将軍の徳川秀忠のときに出され、3代将軍の徳川家光のときに参勤交代の制度が追加されました。

武家諸法度(元和令1615年)
一 文武弓馬ノ道、専ラ相嗜ムベキ事。
一 諸国ノ居城修補ヲ為スト雖モ、必ズ言上スベシ。況ンヤ新儀ノ構営堅ク停止令ムル事。
一 …

武芸に励むことや、無断の城改築などを禁止しています。また、一国に一城しか置かれないようにもしています。

武家諸法度(寛永令1635年)
一 大名小名、在江戸交替、相定ル所也。毎歳夏四月中参勤致スベシ。…
一 …

参勤交代は、領地と江戸を大名が一年おきに往復する制度で、大名の大きな経済的負担となりました。江戸に人質として居住させられている妻子がいるために、拒否することはできませんでした。

よく出る記述!Q:参勤交代とはどのような制度か?
A:大名が1年おきに領地と江戸を往復させた制度。

また、天皇や公家の行動を規制するために、禁中並公家諸法度も出されています。このように、武家諸法度や禁中並公家諸法度などの制度を整え、大名や朝廷の力をおさえ、幕府権力の基礎が固められました。

大名の配置

大名は、徳川家の親戚かどうか、関ヶ原の戦い以前から徳川家の家来かどうかで、次の3つに分けられました。

  • 親藩…徳川将軍家の親戚
  • 譜代大名…関ケ原の戦い以前からの徳川家の家来
  • 外様大名…関ケ原の戦い以降に家来となった大名

関東や要地には親藩・譜代大名配置され、外様大名は、九州や中国・四国、東北など、江戸から遠い地に配置されています。

大名の配置 江戸時代

江戸時代の身分

豊臣秀吉が進めた兵農分離により定まった身分制度が、江戸時代ではより強いものになります。

  • 武士…名字・帯刀を許された支配身分。武士道を守る。
  • 町人…武士とともに城下町に住まわせられた。
  • 百姓…人口の約85%、五人組の制度で、年貢の納入などに連帯責任を負わされた。

特に、江戸幕府は百姓の年貢により経済が成り立っていたので、幕府は百姓に様々な制度をつくって生活を規制しています。

江戸時代と宗教・鎖国

江戸幕府は、キリスト教の拡大を恐れ、キリスト教を信仰することを禁止する禁教令や、海外との交易を遮断する鎖国政策を進めます。

江戸時代初期には朱印船貿易が盛んに行われます。徳川家康が朱印状(海外渡航の許可証)を出し、東南アジア貿易が盛んになります。東南アジア各地に日本町が形成されます。主に朱印船を送っていたのは西日本の大名や商人たちです。

キリスト教の拡大を防ぐために、幕府は禁教令を全国に出し、キリスト教の信仰を禁止します。これに反発して起こったのが島原・天草一揆です。天草四郎(益田時貞)を大将としてキリスト教の多い九州で起こった一揆です。鎮圧後は、キリスト教徒を見つけるため幕府は、聖母マリア像の踏絵を踏ませる絵踏を強化します。

絵踏 踏絵

鎖国の完成

伊達政宗が遣欧使節団をイギリスに派遣しますが、その後は鎖国政策が続きます。次の流れを覚えておきましょう。

  • イギリスが平戸の商館を閉鎖
  • スペイン船の来航を禁止
  • ポルトガル船の来航を禁止
  • オランダの商館を出島に移す(鎖国の完成)

鎖国の完成により、中国船とオランダ船以外との交易ができなくなりました。

よく出る記述!Q:鎖国とはどのような政策か?「キリスト教」という語を使って説明せよ。
A:キリスト教が広がることを恐れ、オランダ・中国以外との貿易を禁止した政策。

鎖国下の対外関係

鎖国では、完全に外国との交易が遮断されたわけではなく、次の交易は継続されていました。

  • 中国(清)・オランダ…中国(清)とは長崎の唐人屋敷、オランダとは長崎の出島で交易
  • 朝鮮…対馬藩の宗氏が朝鮮との貿易を担当。将軍の代がわりごとに朝鮮通信使が派遣された。
  • 琉球王国…薩摩藩の島津氏が征服。中国に朝貢貿易を行っていた。将軍の代がわりに使節が派遣された。
  • アイヌ民族…松前藩の松前氏が交易を独占。

江戸時代の産業

江戸時代には、新田開発農具の開発などで生産量がさらに増加しました。鉱業の発展します。金・銀・銅などの発掘も進み、幕府が金貨・銀貨・銅貨などをつくり、全国に流通します。貿易でも主要な輸出品になっています。

水産業では、九十九里浜のいわし漁などが盛んになります。各地の特産物も盛んに生産されるようになりました。金沢や有田などの陶器、輪島や会津の漆器、越前や美濃のなどが有名です。商業では株仲間と呼ばれる商人が結成した同業者組織がつくられるようになり、営業を独占します。

手工業では、問屋から原料や道具を借り受けた農家が、はたおりなどの手工業を行う問屋制家内工業が盛んに行われますが、19世紀ごろからは、商人や地主が工場をつくり、人を雇って行う工場制手工業(マニュファクチュア)が登場します。

江戸時代の農業

農具の開発新田開発で、一気に生産力が向上し、余裕が出た百姓らは、商品作物の生産にも力を入れました。商品作物とは、原料として売るための作物で、麻・わた・あぶらな・あい・べにばななどになります。

江戸時代に使われた代表的な農具は覚えておきましょう。

  • 備中ぐわ…土を深く耕せる
  • 千歯こき…脱穀をする農具
  • とうみ…もみ殻と玄米を選別する農具

備中ぐわ

貨幣経済が進んだことから、農民の貧富の格差も広がりました。そのため、百姓一揆や打ちこわしが頻繁に起こります。一揆の代表者が誰だかわからないようにする「からかさ連判状」なども有名な史料です。

  • 百姓一揆…農民が領主に対して起こした暴動
  • 打ちこわし…米を買い占め値段をつり上げた商人に対して、都市の大衆が起こした暴動

江戸時代の交通網

江戸時代は、参勤交代や産業の発達で交通網の整備が進みます。陸路である五街道だけでなく、海上航路の開発も重要です。

江戸の交通網

陸路では、五街道が発達し、多くの宿場町が形成されました。手紙や荷物を運ぶための飛脚も登場します。

大量の物資輸送のための海運も発達します。

  • 西回り航路・東回り航路…年貢米を運搬
  • 菱垣廻船・樽廻船…大阪と江戸を往復

産業の発達、人口の増加で江戸・大阪・京都の三都が発展します。

  • 江戸…政治の中心地で、「将軍のおひざもと」と呼ばれる。
  • 大阪…商業・金融の中心地で、「天下の台所」と呼ばれる。諸藩の年貢米がおさめられた蔵屋敷が立ち並ぶ。
  • 京都…文化の中心地で、西陣織などのすぐれた工芸品が発達。

江戸の政治改革

江戸時代には多くの特徴的な政治、改革が行われています。それぞれの改革の名前とその特徴、誰が行ったのかを覚えましょう。中でも江戸の四大改革は有名ですので、次の語呂合わせで覚えましょう。

江戸の四大改革の覚え方!よし!たまみ、今日は寒天!
よし!(吉宗)た(田沼)ま(松平)み(水野)、今日(享保の改革)は(わいろ政治)寒(寛政の改革)天(天保の改革)!

享保の改革

1716年、紀伊藩主から8代将軍になった徳川吉宗による改革が享保の改革です。米に関する政策が多いことから、吉宗は「米将軍」とも呼ばれています。質素・倹約を呼び掛けた政策でもあります。

  • 目安箱…民衆の意見を取り入れるように置かれた。
  • 上げ米の制…参勤交代で大名が江戸にいる期間を短くするかわりに、幕府に米を納めさせる。
  • 公事方御定書…公平な裁判の基準となる法律。

わいろ政治

田沼意次が老中につくと、財政の立て直しを図るために、商人と結びついたわいろ政治が行われます。しかし、天明の大飢饉が起こり、百姓一揆や打ちこわしが多発したため、田沼は老中をやめさせられます。

  • 株仲間の奨励…同業者団体である株仲間に特権を与え、その代わりに営業税を徴収した。
  • 開発計画…生産量を増加させるため、印旛沼の干拓、蝦夷地の調査を行います。

寛政の改革

享保の改革をお手本に、松平定信が行った倹約を中心とする政策を寛政の改革といいます。非常に厳しい政策が多く、人々の反感を招きました。

  • 囲い米…各地に飢饉に備えるための蔵を設けて、米を蓄えさせる。
  • 旧里帰農令…出稼ぎを制限し、農民を故郷に帰す。
  • 寛政異学の禁朱子学以外の学問の講義を禁止する。

天保の改革

幕府の権力を取り戻すために、老中の水野忠邦が行った政治を天保の改革といいます。享保・寛政の改革をみならい、倹約を心掛ける政策を行います。上知令で、大名・旗本の強い反発を受け、改革は失敗に終わります。

  • 倹約令…庶民のぜいたく品を禁止する。
  • 株仲間の解散…物価の引き下げを目的とする。
  • 人返しの法…農民の故郷へ帰すことを強制する。
  • 薪水給与令…異国船打払令を緩和する。
  • 上知令…江戸・大阪周辺を直轄領にしようとしたが失敗。

この他にも、5代将軍の徳川綱吉が出した、生類憐みの令、儒学者である新井白石の政治である正徳の治も覚えておきましょう。

江戸時代の文化

江戸時代で登場する文化は、5代将軍の徳川綱吉の頃の元禄文化と、19世紀の初めごろに江戸の庶民が担い手となった化政文化が登場します。まずは、この2つの文化の大きな違いを表で確認します。

元禄文化 化政文化
時代 江戸時代前期 江戸時代後期
場所 上方(京都や大坂) 江戸
特徴 豪商や武士による華麗で人間味を重視した文化 庶民でも参加できるような派手を嫌う大衆的な文化

元禄文化

江戸時代前期は貨幣経済が浸透し、商人や町人が活躍した時代です。そのため華麗で人間味あふれる特徴を持っています。とりあえず、次の人物名を語呂で覚えましょう。

元禄文化の覚え方!元禄が、近い日を待つ
元禄が(元禄文化)近(近松門左衛門)い(井原西鶴)日(菱川師宣)を(尾形光琳)待つ(松尾芭蕉)
  • 近松門左衛門人形浄瑠璃、世話物や時代物の演劇
  • 井原西鶴浮世草子、町人や武士の生活を描いた小説
  • 菱川師宣浮世絵、遊女をモデルに描いた『見返り美人図』
  • 尾形光琳装飾画、装飾性に富んだ画風
  • 松尾芭蕉俳諧、『奥の細道』を著す

装飾画では、尾形光琳の他に、『風神雷神図屏風』を描いた俵屋宗達も有名ですので押さえておきましょう。歌舞伎も演劇として発展し、庶民の間に広まりました。

化政文化

江戸時代の後期には、農村にも貨幣経済が浸透したことや、平和が続き娯楽に興味を持つ余裕が生まれたことから、江戸の庶民が担い手となる文化が栄えます。次の語呂で覚えましょう。

化政文化の覚え方!家政婦の清子、家事・歌が好き
家政婦の(化政文化)き(喜多川歌麿)よ(与謝蕪村)こ(小林一茶)か(葛飾北斎)じ(十返舎一九)う(歌川広重(安藤広重))た(滝沢馬琴(曲亭馬琴))
  • 喜多川歌麿…浮世絵、美人画・錦絵
  • 与謝蕪村…俳諧
  • 小林一茶…俳諧
  • 葛飾北斎…浮世絵、『富嶽三十六景』
  • 十返舎一九…文学、『東海道中膝栗毛』
  • 歌川広重(安藤広重)…浮世絵、『東海道五十三次』
  • 滝沢馬琴(曲亭馬琴)…文学、『南総里見八犬伝』

川柳狂歌が庶民の間で流行したことも覚えておきましょう。

江戸時代の学問

江戸時代には、幕府が奨励した朱子学の他に、仏教や儒教が伝来する以前の日本人本来の思想を研究する学問である国学や、江戸時代にオランダを通じて日本に入ってきたヨーロッパの蘭学が発達したことを覚えておきましょう。また、朱子学の批判から生まれた実践を重視する陽明学も覚えておきましょう。

朱子学

儒学の一つで、身分の上下を重視する学問。5代将軍の徳川綱吉が幕府の学問にした。幕府を運営するのに都合がよい学問であった藤原爆落と彼の門人で暮府に登用された林羅山によってひろめられました。有名な朱子学者は以下の通りです。

  • 林羅山…1583~1657の江戸時代初期の朱子学者。中心思想は、「存心持敬(日常の言動をつつしみ、本来の自己に立ち返ること)」と「上下定分の理(士農工商の身分秩序、幕藩体制の正当化)」である。
  • 新井白石…徳川家宣につかえ、正徳の治を行った。儒教にもとづく理想主義的な政策を行った。

国学

本居宣長は、長年にわたって『古事記』を研究した成果を『古事記伝』としてまとめます。仏教や儒教が伝来する以前の日本人本来の思想を研究する学問として、国学を大成します。

  • 本居宣長…「もののあはれ」を主張し、国学を大成する。『古事記伝』
  • 平田篤胤…復古神道を説き、尊王攘夷運動にも影響を与える。

蘭学

江戸時代にオランダを通じて日本に入ってきたヨーロッパの学術・文化・技術の総称を蘭学といいます。のちに「洋学」と呼ばれるようになりました。医学をはじめ、天文・暦学・力学・地理学などが発展します。

  • 杉田玄白…ヨーロッパの人体解剖書を翻訳して『解体新書』を出版。
  • 伊能忠敬…西洋の測量術を学び、日本地図を作成。
  • 平賀源内…科学者でエレキテルなどを発明。

陽明学

中国の明の王陽明が創始者。朱子学を批判し、認識と実践の合一(知行合一)という実践的道徳を説きます。現実社会の矛盾を改めようとした大塩平八郎も陽明学者でした。

  • 大塩平八郎…飢えに苦しむ民衆のために蜂起。大阪町奉行所の役人。
  • 中江藤樹…日本の陽明学の祖。

教育の広がり

江戸時代の後半になると、文化の中心は上方から江戸に移り、庶民の間にも教育が普及しました。

  • 寺子屋…民間教育で、身分の枠をこえて学問が広がっていき、町民や農民の子弟に読み・書き・そろばんを学ばせました。
  • 藩校…藩士の子弟の教育を行いました。
  • 私塾緒方洪庵の開いた適塾、シーボルトの医学塾が有名。

開国と江戸幕府の滅亡

19世紀になると、通商を求めて日本に接近する欧米諸国の船が増加します。これに対して、幕府は1825年、異国船打払令を出します。これを批判した蘭学者の渡辺崋山や高野長英は、幕府によって処刑されます。これが蛮社の獄です。

このころ、イギリスでは産業革命を達成します。市場を求めてアジアに進出し、中国の王朝である清やインドと貿易を行います。イギリスは清との貿易の赤字を解消するために、インドを含め三角貿易を行います。

三角貿易

当時のイギリスは、茶が大流行しており、茶や絹を買うために、銀が清に大量に流出します。この銀を回収すために、イギリスの植民地であったインドにアヘンを作らせ清に売りつけ、対価としてインドが得た銀を、イギリスの工業製品や綿織物を売りつけることで回収するという仕組みです。

清はアヘンの取り締まりを強化したところイギリスとの間でアヘン戦争(1840~42年)が勃発します。アヘンを厳しく取り締まった清をイギリスが攻撃し、勝利します。清は南京条約を結ばされ不平等条約締結することになります。天保の改革を行っていた水野忠邦は、これをうけて異国船打払令を取り消し、薪水給与令を出します。

日本の開国

1853年にアメリカペリー浦賀(神奈川県)に来航し、開国を要求します。翌年再び来航したペリーと、幕府は日米和親条約を結びます。これにより、下田(静岡県)函館(北海道)の2港を開き、アメリカ船に食料・水・石炭などを供給するようになります。

1858年には、大老の井伊直弼日米修好通商条約を結び、神奈川(横浜)兵庫(神戸)新潟長崎の4港を新たに開きます。

日米和親条約と日米修好通商条約で開港した港

この日米修好通商条約は不平等条約で、日本にとって非常に不利な内容となっています。

  • 領事裁判権を認める…外国人が、日本の裁判権に服さず、本国の法にもとづいて本国領事の裁判を受ける権利。
  • 関税樹種権がない…国家が輸入品に対して自主的に関税を決められる権利がない。

この後、アメリカに続き、オランダ・ロシア・イギリス・フランスと不平等条約を結びます。最大の貿易港は横浜で、最大の貿易相手国はイギリスになります。アメリカは南北戦争が勃発したため、日本との貿易はふるいませんでした。

この当時の貿易の状況は、輸出品として生糸がほとんどを占めています。また、金と銀の交換比率が異なったため、金が大量に海外に流出してしまいます。生糸などの原料が輸出されてしまったため、国内の物価は高騰し、日本の経済に大きな打撃を与えました。

尊王攘夷運動

外国と不平等条約を結んだ幕府を反対した人々を井伊直弼は処罰します。これが安政の大獄です。これに対し、反対派の武士が井伊直弼を暗殺した事件が桜田門外の変です。

これ以降、天皇を尊ぶ尊王論と外国の勢力を排除しようとする攘夷論が結び付き、幕府に反対する運動が広まります。尊王攘夷運動です。

  • 生麦事件(薩摩藩)…薩摩藩の大名行列を横切ったイギリス人を刀で殺傷する事件
    →これに対し、1863年薩摩藩はイギリスの報復を受ける(薩英戦争)
  • 四国艦隊下関砲撃事件(長州藩)…下関の関門海峡を運航する外国船を砲撃
    →1864年、アメリカ・オランダ・イギリス・フランスが長州藩に報復
薩摩藩 長州藩
1862年 イギリス人を殺害する事件を起こす
1863年 イギリス艦隊の報復攻撃を受ける 下関(関門)海峡を通る外国船を砲撃
1864年 4国の連合艦隊の報復攻撃を受ける

この両事件で、薩摩藩と長州藩は、外国との実力差を痛感します。譲位が現実的ではないことに気づきます。1866年には、土佐藩の坂本龍馬らの仲介で薩長同盟が成立します。国内では「世直し」を期待し、一揆や打ちこわしが多発し、1867年には「ええじゃないか」と踊る騒ぎが流行します。

江戸幕府の滅亡

1867年、15代将軍の徳川慶喜が政権を朝廷に返します。大政奉還です。同年に、朝廷が天皇を中心とする政治に戻すことを王政復古の大号令によって宣言します。

1868年からは、戊辰戦争が勃発し、旧幕府軍と新政府軍との戦いが始まり、翌年、旧幕府軍が降伏します。これで、700年近く続いた武士の政治が終わりを迎えるのです。

江戸時代 一問一答

次の問いに答えよ。

  1. 徳川家康が行った貿易を何というか。
  2. 1637年に九州でおきたキリスト教徒の一揆を何というか。
  3. 島原の乱のときの将軍は誰か。
  4. 仏教徒であることを寺院に保証させる制度を何というか。
  5. 仏教徒であることを寺院に保証させる制度で人々の名前は何に記録されたか。
  6. キリストなどの絵を踏ませてキリスト教徒を見つける方法を何というか。
  7. 1639年に日本への来航を禁止された国はどこか。
  8. 日本に来る貿易船はどこの国となったか。
  9. 日本人の海外渡航を禁止し、外国との交際を制限した政策を何というか。
  10. オランダ人が貿易できたのは長崎のどこか。
  11. 将軍が代わるごとに朝触から来た使いを何というか。
  12. 1644年に明に代わって中国を支配した国を何というか。
  13. 金貨や銀貨の質を落として幕府の財政難を切りぬけようとした 5代将軍は誰か。
  14. 5代将軍の出した極端な動物愛護の法律を何というか。
  15. 6・7代将軍に用いられた儒学者で、長崎での貿易を制限し、財政の立て直しを試みたのは誰か。
  16. 江戸幕府8代将軍は誰か。
  17. 江戸幕府8代将軍の行った政治改革を何というか。
  18. 江戸幕府8代将軍が民衆の意見を聞くために江戸に置いたものを何というか。
  19. 徳川吉宗が作った裁判の基準となる法令集を何というか。
  20. 徳川吉宗の後、18世紀後半に老中となったのは誰か。
  21. 田沼意次が認めた同業者どうしの組合を何というか。
  22. 田沼意次の政治が乱れたのは大商人から何をもらったからか。
  23. 田沼意次の政治の後に起きたききんを何というか。
  24. 都市の町人が米商人をおそうことを何というか。
  25. 18世紀末、田沼意次に代わり老中となったのは誰か。
  26. 松平定信の行った政治改革を何というか。
  27. 松平定信が朱子学以外の学問を禁止したことを何というか。
  28. 18世紀末ごろから日本沿岸にあらわれはじめた外国船に対して 1825年に出された命令は何か。
  29. 1837年にもと大阪町奉行所の役人が中心となり、大阪でおこした反乱を何というか。
  30. 19世紀の中ごろ、江戸幕府の改革を行った老中は誰か。
  31. 水野忠邦は物価の引き下げをはかるために何を解散させたか。
  32. 水野忠邦の行った改革を何というか
  33. 外国人を打ち払えという論を何というか。
  34. 朝廷の権威を高めようという論を何というか。
  35. 尊王攘夷が結びついた運動を何というか
  36. 井伊直弼が尊王攘夷の考えをとなえる人々をきびしくとりしまった事件を何というか。
  37. 井伊直弼が尊王攘夷の考えをとなえる人々をきびしくとりしまった事件で処刑された尊王攘夷論者を2人答えよ
  38. 1860年に井伊直弼が水戸浪士に暗殺された事件を何というか。
  39. 井伊直弼が水戸浪士に暗殺された事件の後、幕府は政治の安定をはかるため、朝廷との結びつきを強めたが、そのことを何というか。
  40. 獲夷を実行するために、下関付近を通る外国船に砲撃を加えた藩はどこか。
  41. 1866年ごろ、各地で起きた打ちこわしや一揆を何というか。
  42. 1867年、幕府は政権を天皇に返すと申し出たが、それを何という。
  43. 旧幕府軍と新政府軍との戦いを何というか。

解答

  1. 朱印船貿易
  2. 島原·天草一揆
  3. 德川家光
  4. 寺請制度
  5. 宗門改帳
  6. 踏給
  7. ポルトガル
  8. オランダ・中国・朝鮮
  9. 鎖国
  10. 出島
  11. 通信使
  12. 徳川綱吉
  13. 生類憐みの令
  14. 新井白石
  15. 德川吉宗
  16. 目安箱
  17. 公事方御定書
  18. 享保の改革
  19. 田沼意次
  20. 株仲間
  21. 打ちこわし
  22. 松平定信
  23. 寛政異学の禁
  24. 寬政の改革
  25. 異国船(外国船)打払令
  26. 高野長英
  27. 天保
  28. 大塩平八郎
  29. 水野忠邦
  30. 解散
  31. 天保の改革
  32. 攘夷論
  33. 尊王論
  34. 尊王攘夷運動
  35. 安政大獄
  36. 吉田松陰 橋本左內
  37. 桜田門外の変
  38. 公武合体
  39. 長州藩
  40. 世直し
  41. 大政奉還
  42. 戊辰戰争
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る