【中学歴史】大正時代のポイント

中学歴史の大正時代のポイント・流れについてまとめています。大正時代についての事柄も、非常に高い確率で、毎年出題される時代となりますので、全体の流れを通して、学習する必要があります。それでは、中学歴史の大正時代のポイント・流れ「入試に出る最も大事な3つのこと」をみていきましょう。

スポンサーリンク

大正時代のポイント・流れ

大きな流れとして、「第一次世界大戦のころ」→「大戦後の世界」→「大正デモクラシー」をつかんでおきましょう。

スポンサーリンク

大正デモクラシー

  • 護憲運動(第一次護憲運動が1912年に起こった。憲法にもとづいて政治を守ろうとする運動)
  • 普通選挙法の制定

護憲運動

尾崎幸雄、犬養毅らは、「閥族打破・憲政擁護」をスローガンに第一次護憲運動を展開。第一次世界大戦直前には、シーメンス事件の発覚により、世論の批判を受けて、第一次山本権兵衛内閣が総辞職。また、軍拡予算に対して、負担の軽減を求める廃税運動も展開されていました。貿易収支の大幅な赤字も続き、国際収支は危機的な状況でありました。

大正時代の社会運動

運動労働争議小作争議女性運動部落解放運動
年号1900年初頭から1920年前後から1920年1922年
内容ストライキ条件改善平塚雷鳥新婦人協会を結成全国水平社
備考労働者が雇い主に労働者の意見を認めさせるため小作人が地主に小作料の引き下げを求める女性の政治活動の自由、高等教育の拡充などを求める部落差別からの解放を目指す。

確認【中学歴史】大正時代の社会運動

大正時代の文化

大正時代には、都市ではガス、水道、電気、電灯が普及するなど大衆の生活の水準が劇的に上がっていきます。それに伴い、義務教育も、ほぼ完全にいきわたり、女性の進学者も増えていきました。ラジオ放送も始まることや多くの文学が生み出されるなど、国民全体の教育・教養レベルも向上にも寄与。
確認【中学歴史】大正時代の文化まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました