中学国語の「故事成語」

シェアする

スポンサーリンク

「故事成語」についてまとめています。私たちが日常使っている言葉には、中国の古典に由来すものがたくさんあります。そのうち、故事を背景にもっているものを故事成語いいます。

故事成語

たとえば、「矛盾」という言葉は、「韓非子」という書物に書かれた故事がもとになっています。どんな故事だったかといえば、楚の国の人で、矛と盾を売っている人がいました。その人は。「私の盾の堅いことといったら、これを突き通せるものはない。」といい、また、「私の矛の鋭いことといったら、どんなものでも通せないものはない。」といった。

そこで、ある人が「あなたの矛で、あなたの盾をつき通すとどうなるのか?」と尋ねた。その人は、答えることができなかったという話です。ここから、「矛盾」。つまり、つじつまが合わない意味で使われるようになります。

それでは、そのほかの故事成語の例をみていきましょう。

スポンサーリンク

推敲

文章などの字句を練ること。(例文)作文の推敲を重ねる。

蛇足

余計なもの。 (例文)この説明は蛇足だ。

四面楚歌

周囲が敵ばかりで、味方がいないこと。 (例文)四面楚歌の状態だ。

圧巻

本や作品の中で最も優れているところ

烏合の衆

規律も統一もなく集まった人々。

臥薪嘗胆

復讐や目的達成のため、自分にしれんを課し、長い間苦労を重ねること。

画竜点睛

物事を仕上げるのに、最後に加える大切な点のこと。

杞憂

取り越し苦労。無用の心配。

漁夫の利

二者が争っているすきに、第三者が利益をとこどりすること。

蛍雪の功

苦労して学問にはげむこと。

呉越同舟

仲の悪い者同士が、同じ場所に居合わせること。敵同士が協力し合うこと。

五十歩百歩

似たり寄ったりで、大差のないこと。

塞翁が馬

人生の幸・不幸は予測できないということ。

他山の石

自分より劣っている人の言行も自分の知徳を磨く助けとなること。

登竜門

立身出世をするための関門

背水の陣

決死の覚悟で事に見ること。

白眼視

人を冷たい目で見ること。

覆水盆に返らず

一度してしまったことは、取り返しがつかない

羊頭狗肉

見かけは立派だが、内容が伴わない。

竜頭蛇尾

初めはよいが、終わりがだめなこと。

以上が、中学国語の「故事成語」となります。入試でも、頻度はさほど高くないですが、出題されることがあります。スキマ時間などを利用して、覚えていくといいでしょう。人としての教養の1つとしても大事なことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク