中学国語「和語・漢語・外来語」(練習問題付)

シェアする

スポンサーリンク

中学国語の「和語・漢語・外来語」についてまとめています。ここれでは、和語、漢語、外来語についてそれぞれの特徴を理解する必要があります。また、和語、漢語、外来語を、相手や場面に応じて、適切な語を選べるようになりましょう。

和語・漢語・外来語

●和語
和語は、大和言葉ともよばれ、もともと日本で使われていた語。普通、ひらがなで書かれたり、漢字の訓読みで表されたりします。親しみやすく意味をとらえやすいのが特徴です。

  • <例>山、歩く、大きい、もし、美しい

●漢語
漢字の音読みが使われる語です。中国でつくられて日本に入ってきた語と、日本でつくられた語があります。かたい語感をもつ傾向があり。社会制度や専門的な知識を表す語も多いのが特徴です。ひらがなで書かれていても、音読みする語であれば漢語となります。

  • <例>僕、生活、言語、自然、歩行

●外来語
漢語以外で、外国語から日本湖に取り入れられた語。「ジ-パン」のように、日本で作られた語(和製英語)もあります。普通は、片仮名(カタカナ)で書かれます。新鮮さや軽快さなどをもたらす効果があり、外国から入ってきた物や名前や学問の用語、新しい感覚などを表すのに使われています。

  • <例>ボタン、メモ、シンプル、バリアフリー

●混種語
和語、漢語、外来語が組み合わさってできた語。

  • レポート(外来語)+用紙(漢語)=レポート用紙
スポンサーリンク

練習問題

次の言葉の種類を、「和語」「漢語」「外来語」「混種語」のうちから選びなさい。

  1. タイヤ
  2. おかず
  3. 静かだ
  4. 冊子
  5. 盆セール
  6. ストレス
  7. 感覚
  8. 歌う
  9. いちごミルク
  10. 横断歩道
  11. 広い
  12. 重要ポイント

●解答

  1. 外来語
  2. 和語
  3. 和語
  4. 漢語
  5. 混種語
  6. 外来語
  7. 漢語
  8. 和語
  9. 混種語
  10. 漢語
  11. 和語
  12. 混種語

以上が、中学国語の「和語・漢語・外来語」(練習問題付)となります。一般教養としても、知っておきたいところです。社会に出て、役立つところでもありますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る