【中学国語】間違えやすい漢字の送りがなの要点

中学国語の間違えやすい送り仮名について学習します。入試やテストでは、漢字は必ず出題されます。毎年出題されますが、間違える受験生が多いようです。そんな漢字をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

間違えやすい漢字の送りがなポイント

ポイント
➊読み仮名が3字と送り仮名1字のパターン (例)幼い・従う・補う・謝る・育む
➋よく使う漢字に気を付ける (例)断る・上がる・危ない・訪れる・逆らう
➌送り仮名が長いパターン (例)恥ずかしい・頼もしい・恐ろしい

以上が注意すべきポイントです。特に間違いが多いものを一覧表にしています。以下の一覧表をしっかり覚えていきましょう。

送り仮名のルール

送り仮名のつけ方にはルールがあります。基本的に次のように送り仮名をつけます。

送り仮名のルール
語幹以下の活用する部分を送る!
<例>動く…語幹「動」、活用語尾「く」
・動かない ・動きます ・動く ・動くとき ・動けば ・動け

もちろん例外もたくさんあります。それらは出てくるたびに覚えていくようにしましょう。

間違えやすい・誤りやすい漢字の送りがな一覧

次の漢字の送り仮名は、入試や定期テストでもよく出題される内容です。間違わないように気を付けましょう。

謝り×正しい〇
1明かるい明るい
2暖い暖かい
3忙がしい忙しい
4生れる生まれる
5変る変わる
6決っして決して
7寂びしい寂しい
8近かく近く
9止る止まる、止める
10直おす直す
11逃る逃げる
12曲る曲がる、曲げる
13短かい短い
14向う向かう、向こう
15難かしい難しい
16急がしい忙しい
17色どる彩る
18借す貸す
19以外と意外と
20少しづつ少しずつ

以上が最も間違えやすい送りがなです。これは、漢字だけでなく、記述問題や作文のときにも気をつけなければならないので、頭に置いておきましょう。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました