中学国語の「単語の分類」品詞の見分け方を極める!

シェアする

中学国語の「単語の分類」品詞の見分け方を極める!をまとめています。ここでのポイントア、「単語の分類を知ること」、「品詞を見分けられるようにすること」が最大のポイントです。

単語の分類

国語の単語は、「①自立語・付属語(文節の中での位置づけ)」「②活用の有無(形の変化)」の観点で分類できます。

スポンサーリンク

自立語

自立語は、単独で、文節を作ることができる自立語です。

  • 文節の初めにくるものは、必ず自立語です。
  • 自立語は、一文節に一つしかありません。

付属語

付属語は、単独では文節を作れず、必ず自立語とともに文節を作る単語です。

  • 文節では、自立語の後につく。
  • 付属語は、位置文節に複数含まれることがある。

活用

活用は、文の中で使われるとき、単語の形が変化すること。

品詞

単語を「自立語・付属語」、「活用の有無」、「どんな文の成分になるのか。」、「言い切りの形」という基準で分類したものです。

名詞

自立語で、活用がなく、「が、は、も」などをつけて主語となる単語。(れい)机、私、鉛筆

副詞

自立語で、活用がなく、主に連用修飾語になる単語。(例)ゆっくり、いつも

連体詞

自立語で、活用がなく、連体修飾語になる単語。(例)大きな、いわゆる、あの、この

接続詞

自立語で、活用がなく、接続語になる単語。(例)だから、けれども、そして
関連中学国語の「指示語と接続語」

感動詞

自立語で、活用がなく、独立語になる単語。(例)はい、まあ、あら、おお

動詞

自立語で、活用があり、言い切りの形がウ段で終わる単語。(例)勉強する、歌う

形容詞

自立語で、活用があり、言い切りの形が「い」で終わる単語。(例)きれい、美しい、楽しい

形容動詞

自立語で、活用があり、言い切りの形が、「だ、です」で終わる単語。(例)きれいだ、変だ

助詞

付属語で、活用がない単語。(例)が、は

助動詞

付属語で、活用がある単語。(例)た、です

体言と用言

  • 体言…活用しない自立語のうち、「が」などをつけて主語となる単語(=名詞)
  • 用言…活用し、単語で述語になれる自立語(=動詞、形容詞、形容動詞)

あわせて確認した文法事項

以上が、中学国語の「単語の分類」品詞の見分け方を極める!です。入試でも出題されるところでありながら、学習がおろさかにされがちなところで、差がつきやすいところでもあります。入試、実力テスト前などには、その用語とその内容を確認して臨みたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 【高校英語】動名詞をまとめています。動名詞は、不定詞、分詞とともに、他の品詞のはたらきを兼ね備えたかたちで、準動詞と呼ばれます。動詞的特徴の、「目的語や補語をとる」、「副詞によって修飾される」、「完了形や態がある」などの点で共通しています。動名詞のはたらきは、「名詞のはたらき」をするだけで単純です。それでは、【高校英語】動名詞をみていきましょう。 確認【高校英語】態(受動態と能動態) 品詞「単語の分類」品詞の見分け方を極める! […]