【中学国語】詩の要点

中学国語の詩の学習です。詩は作者の感動を、リズムのある選び抜かれた言葉で表現されています。詩の種類や表現技法を理解し、情景・心情から作者の感動の中心(主題)を読み味わう練習を行います。

スポンサーリンク

詩の学習のポイント

まずは、詩の形式と表現技法を覚え、作者の心情の訴え方をとらえます。また、詩で描かれている情景をとらえることでも、作者の心情が浮かび上がってきて主題を読み取ることができます。

詩の種類

詩は、使っている言葉、形式、内容により、次のように分類されます。

使っている言葉で分類

  • 口語詩…今の話し言葉で書かれた詩
  • 文語詩…昔の文章言葉で書かれた詩

文語詩は、歴史的仮名遣いが登場するので、「言ふ」などを見つけたら文語詩としていいでしょう。

形式で分類

  • 自由詩…音数や行数の自由な詩
  • 定型詩…各行が一定の音数を持った詩
  • 散文詩…普通の文章の形で書かれた詩

口語は自由詩、文語は定型詩であることが多いようです。

内容で分類

  • 叙情詩…心情や感動をうたった詩
  • 叙景詩…景色や自然をうたった詩
  • 叙事詩…事件や伝記を物語った詩

詩の内容については、叙情詩が最も多いです。詩の形式を選ぶ問題では、現代の言葉で、自由に書かれている場合は「口語自由詩」、昔の言葉で一定の音数で書かれている場合は「文語定型詩」などのように答えます。

詩の表現技法

詩の表現技法を学習することで、作者の心情を読み取ることができるようになります。どこに感動の中心があるのか、何に心動かされているのかがわかるようになります。次の表現技法が重要です。

  • 比喩法(ひゆほう)
    たとえを用いて印象を強める。「~ようだ」を用いて直接たとえる「直喩」と、「~ようだ」を用いずにたとえる「暗喩」があります。
  • 擬人法(ぎじんほう)
    人でないものを人のようにたとえ、印象を強める。
  • 倒置法(とうちほう)
    強く印象を残すために、語の順序を変える。
  • 体言止め(たいげんどめ)
    文末を体言(名詞など)で止め、余韻を残す。
  • 反復法(はんぷくほう)
    強く印象を残すために、同じ語を繰り返す。
  • 対句法(ついくほう)
    相対する言葉を並べ、印象を強める。
  • 押韻(おういん)
    各行の初め(頭韻)や終わり(脚韻)を同音にして、調子を整える。

擬人法も広い意味では比喩法の一種になります。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました