中2国語の「自立語」

シェアする

スポンサーリンク

中2国語の「自立語(単語の分け方)」についてまとめています。ここでは、活用する自立語と活用しない自立語の分類の仕方を覚えること、そして、自立語のそれぞれについての、そのはたらきや使い方を理解することが大事です。それでは、中2国語の「自立語(単語の分け方)」です。
確認中学国語の「単語の分類」品詞の見分け方を極める!

活用する自立語

活用する自立語は、

  • 形容動詞…いい切りが「だ・です」(例)きれいだ
  • 形容詞…いい切りが「い」(例)美しい
  • 動詞…いい切りが「ウ」段(例)歩く 自動詞と他動詞があります。
スポンサーリンク

補助動詞・補助形容詞

補助の関係で下に付き、意味を添えたり補ったりする単語

活用しない自立語

名詞、副詞、連体詞、接続詞、感動詞がそれにあたります。

名詞

生き物や物、事柄などを表し、助詞をともなって主語となる単語。

  • 普通名詞…ある種類に属する事柄を広く表す。(例)犬
  • 代名詞…人・物・場所・方向などを指し示す。(例)彼
  • 固有名詞…人名・地名など特定の名前を表す。(例)兵庫県
  • 数詞…物や数量や順序を表す。数字を含む。(例)一つ
  • 形式名詞…本来の意味が薄れ、常に連体修飾語を付けて使われる。(例)~こと

名詞は、助詞をともなって、連体修飾語、連用修飾語、述語、独立語にもなります。

副詞

主に連用修飾語となり、様子・状態・程度を表す単語です。

  • 状態の副詞…「どのように」という状態を表す。(例)そっと
  • 程度の副詞…「どのくらい」という程度を表す。(例)かなり
  • 呼応の副詞…下に決まった言い方がくる。(例)もし~なら

連体詞

連体修飾語にしかならない単語(例)この~

接続詞

接続語になり、前後の文や語をつなぐ単語。

  • 順接…前に述べたことが、後に述べることの原因・結果となる。(例)だから
  • 逆接…前に述べたこととは、逆になることが後にくる。(例)しかし
  • 並列・累加…前に述べたことと並べたり、それに付け加えたりします。(例)そして
  • 対比・選択…前に述べたことと比べたり、どちらかを選んだりします。(例)または
  • 説明・補足…前に述べたことをまとめたり、補ったりします。(例)つまり
  • 転換…前に述べたことと話題を変えたりします。(例)さて

確認中学国語の「指示語と接続語」

感動詞

独立語になり、応答や呼びかけ、感動などを表す単語。(例)はい、~。/ああ、~。

以上が、中2国語の「自立語」となります。入試での出題はさほど多くはありませんが、定期テストで試験範囲となっている場合は、出題されるので、確実に勉強しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク