中学理科の試薬・指示薬のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学理科で習う試薬・指示薬にはどんなものがあるのでしょうか。高校入試や定期テストによく出る試薬・指示薬をまとめてみました。

試薬・指示薬とは?

試薬も指示薬も同じようなもので、どんな物質が含まれているのか。その物質の性質がどうなのかを調べる薬品を試薬・指示薬といいます。

少し詳しく説明すると、試薬はその薬品を使って化学変化などを起こさせ、どんな物質が含まれているかを試す薬品で、指示薬はその物質や溶液などが、どんな状態なのか、どんな性質を持っているのかを教えてくれる薬品です。

スポンサーリンク

酸性・中性・アルカリ性の判別

水溶液の性質である、酸性・中性・アルカリ性を調べる方法はたくさんありますが、次の指示薬の色の変化は非常に重要です。

指示薬 酸性 中性 アルカリ性
リトマス紙 青色赤色 変化なし 赤色青色
BTB溶液 黄色 緑色 青色
フェノールフタレイン液 無色透明 無色透明 赤色
ムラサキキャベツ液 赤色 紫色 黄色

石灰水

  • 調べられるもの…二酸化炭素
  • 反応…白くにごる

石灰水に二酸化炭素を吹き込むと白くにごります。さらにしつこく吹き込み続けると無色透明に戻ります。

ヨウ素液

  • 調べられるもの…デンプン
  • 反応…青紫色

デンプンにヨウ素液をつけると、ヨウ素デンプン反応により青紫色になります。

ベネジクト液

  • 調べられるもの…
  • 反応…加熱すると赤褐色の沈殿ができる

ベネジクト液は、デンプンがだ液によって消化されてできる糖と反応し、加熱すると赤褐色の沈殿ができます。

塩化コバルト紙

  • 調べられるもの…
  • 反応…青色から赤色に変化

水を調べるときに使う紙が塩化コバルト紙です。水につけると青色から赤色に変化します。

酢酸カーミン液(酢酸オルセイン液)

  • 染色するもの…核や染色体
  • 反応…赤色に染色できる

酢酸カーミン液や酢酸オルセイン液は、細胞の中の核や核の中にある染色体を赤色に染め、見やすくする薬品です。

硝酸銀水溶液

  • 調べられるもの…塩化物イオン
  • 反応…白い沈殿ができる

硝酸銀水溶液は、食塩水や塩酸などに含まれる、塩化物イオンClがあるかどうかを調べるときに使う試薬です。白い沈殿が生じます。

試薬・指示薬の一問一答

  1. 酸性の水溶液にリトマス紙をつけると何色リトマス紙が何色に変化するか。
  2. 緑色のBTB溶液を水酸化ナトリウム水溶液に入れると何色になるか。
  3. アンモニア水にフェノールフタレイン液をを入れると何色になるか。
  4. 二酸化炭素の判別方法とその結果を簡潔に書け。
  5. 糖を調べるときに使うベネジクト液はある操作をしないと色の変化が見られません。どういう操作をすればよいか。
  6. 水ができたかどうかを調べるときに使う紙の名前を答えよ。
  7. 核や染色体を赤色に染める染色液の名称を答えよ。

解答

  1. 青色リトマス紙が赤色に変化
  2. 青色
  3. 赤色
  4. 石灰水に通すと白くにごる。
  5. 加熱する。
  6. 塩化コバルト紙
  7. 酢酸カーミン液(酢酸オルセイン液)
スポンサーリンク

シェアする