中1理科「フックの法則」ばねの計算問題

シェアする

スポンサーリンク

今日は力の単元で登場する「ばね」について学習を進めていきます。ばねといえば、有名な「フックの法則」が登場します。演習を積み重ね、フックの法則をマスターしましょう。

ばねにはたらく力

ばねに力を入れて引っ張たり、押し縮めたりすると元に戻ろうとする力がはたらきます。この物体が元に戻ろうとする力を弾性力といいます。

ばねにはたらく弾性力は、ばねが伸びれば伸びるほど、縮まれば縮まるほど大きくなります。

スポンサーリンク

フックの法則

フックの法則とは、ばねののびと弾性力の大きさが比例するということです。気をつけたいのが、「ばねの長さ」ではなく「ばねののび」と比例することです。

ばねの長さとのび、自然長

問題によって、ばねののびを聞いてくる問題とばねの長さを聞いてくる問題がありますので注意が必要です。

フックの法則

自然長

ばねに何もつるしていないときの、ばね自体の長さのことです。

ばねののび

自然長の状態から伸びて長くなった部分がばねののびになります。ばねののびとおもりの重さにはフックの法則が成り立ちます。つまり、ばねののびとおもりの重さには比例関係があります。

ばねの長さ

おもりをつるしたときのばねの長さです。ばねの長さは次のように求めます。
ばねの長さ=自然長+ばねののび

ばねにはたらく力 練習問題

  1. ばねのように、元に戻ろうとする性質を何というか。
  2. ばねのように、元に戻ろうとする力を何というか。
  3. ばねにはたらく強さとばねののびが比例することを何というか。
  4. 何もつるしていないときのばねの長さを何というか。
  5. 1.0Nのおもりをつるすと5.0cm伸びるばねに0.8Nのおもりをつるすと、ばねののびは何cmになるか。
  6. 何もつるしていないときの長さが10cmのばねに、1.0Nのおもりをつるすと、ばねの長さが12cmになった。このばねに4.0Nのおもりをつるすと、何cmの長さになるか。

解答

  1. 弾性
  2. 弾性力
  3. フックの法則
  4. 自然長
  5. 4.0cm
  6. 18cm

基本レベルのばねの計算問題に挑戦!

基本事項をマスターしたところで、次はばねに関する計算問題に挑戦しましょう。入試で問われそうな基本パターンを掲載しています。ばねののびを問う問題からばねの長さを問う問題まで練習してみましょう。
参考ばねの計算問題!点数が上がる高校入試理科最強問題

スポンサーリンク

シェアする