高校入試小論文・作文「字数制限について」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試小論文・作文「字数制限について」まとめています。

字数制限について

小論文や作文の課題には必ず「制限字数」があります。これは絶対に守らなければなりません。守らないと大幅な減点になるどころか、採点の対象外となりえます。必ず、指定された字数を守り厳守することが必要です。

字数で気をつけておくこと

  1. 指定された字数の九割以上は書く
  2. 字数オーバー(超える)は厳禁
  3. 「○○字程度」は制限字数フラス・マイナス10パーセントが目安
スポンサーリンク

指定された字数の九割以上は書く

「○○字以内」とあれば、必ず字数以内に書く。できれば、制限字数の90パーセント以上は書きたいところです。つまり、「200字以内」のときには180字以上、「600字以内」のときには540字以上を書くのが望ましいということです。どうしてもそこまで書ききれなくても、80パーセントを超えていれば、一応は採点してもらえるでしょう。ただし、半分以下しか書いていない場合は0点にされる恐れもあるので気をつけましょう。絶対にそのようなことのないように気をつける必要があります。

字数オーバー(超える)は厳禁

「○○字以内」と字数が制限されいるのに、字数をオーバーすると採点の対象外となり可能性があります。つまり、 「○○字以内」とされているのに、その字数を超えた場合は、たとえ1字でも0点にされるのが原則だということです。1字くらいなら大丈夫だろうなどとは思わないことが大切です。

「○○字程度」は制限字数フラス・マイナス10パーセントが目安

「○○字程度」という場合には、プラス・マイナス10パーセントが望ましいですが、20パーセント程度は許してもらえるだろう。「○○字」という場合、ごく特殊な場合を除いて、句読点やカッコ、あるいは段落がえによって生じた空白も字数に含めます。

その他の押さえておきたいところ

以上が、高校入試小論文・作文「字数制限について」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク