高校入試対策社会「よく出る世界の国名・都市名」(練習問題付)

シェアする

高校入試で出る世界の地名や都市名についての一覧です。地名を覚えるときは、地図帳でその位置を確認しながら覚えることが大事になります。それでは、高校入試で出る世界の地名や都市名についての一覧をみていきましょう。

世界の国名や都市名

  • ペキン(北京)…中国の政治・敬座の中心で、機械・繊維・食品などの工業が盛んな首都
  • 香港…1997年にイギリスから中国に返還された、商業・金融の中心として発展してきた地域
  • ベルリン…ドイツの首都
  • ブリュッセル…EUやNATO(北大西洋条約機構)の本部が置かれているベルギーの首都
  • 南アフリカ共和国…工業化に成功した、金・ダイヤモンドを多くを算出する国
  • ケニア…アフリカ東部の赤道直下にあるコーヒーや茶の栽培がさかんな国
  • シリコンバレー…サンフランシスコ近郊に発達した電子工業地域
  • チリ…南アメリカ大陸の太平洋側に南北に長く連なる国
  • フランス…EU最大の農業国。小麦の生産量・輸出量は世界有数(どちらも5位)。
  • オランダ…園芸農業が盛んで、酪農によりチーズなどを生産。
  • イタリア…地中海式農業は、ぶどう、オリーブは世界有数の生産。
  • ポルトガル…インド航路を発見。バスコ・ダ・ガマが1498年インドにわたる。
  • スペイン…イタリア人のコロンブスの航海を援助。コロンブスは1492年、大西洋を横断し、カリブ海の海に到達。マゼランは、部下が船隊を引きつぎ、1522年、世界一周を達成。
  • イギリス…国力が高まり、世界の自由主義を広める。
  • ドイツ…ビスマルクが富国強兵を進め、1871年に統一。
  • エジプト…石油製品・液化天然ガス・原油が豊富。
  • コートジボワール…石油製品・カカオ・原油が豊富。
  • ブラジル…南アフリカ大陸の約半分を占める。約1億9400万人で世界第5位。日系人も多く生活。
  • アルゼンチン…ラプラタ川流域の広がるパンパ(草原)は世界的な農業地帯。
  • ペルー…かつて栄えたインカ帝国の遺跡が多く残る。金の生産量は世界一。2008年の調査では、漁業の生産量世界第2位。
  • ベネズエラ…南アメリカ最大の産油国。輸出の上位は石油・石油製品がしめている。
    鉱産資源に頼る国が多い(モノカルチャー経済)
スポンサーリンク

あわせて確認したい(世界地理)

世界の国名・都市名 練習問題

次の問いに答えなさい。

  1. EUやNATO(北大西洋条約機構)の本部が置かれているベルギーの首都はどこか。
  2. 工業化に成功した、金・ダイヤモンドを多くを算出する国はどこか。
  3. アフリカ東部の赤道直下にあるコーヒーや茶の栽培がさかんな国はどこか。
  4. サンフランシスコ近郊に発達した電子工業地域はどこか。
  5. 南アメリカ大陸の太平洋側に南北に長く連なる国はどこか。

解答

  1. ブリュッセル
  2. 南アフリカ共和国
  3. ケニア
  4. シリコンバレー
  5. チリ
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク