中3理科|水溶液とイオン|テスト対策問題

スポンサーリンク

中3理科|水溶液とイオン|テスト対策問題です。

・水溶液は、水に溶解された物質の混合物です。水溶液は、溶質と溶媒から構成されます。溶質は溶解される物質であり、溶媒は溶質を溶解する媒体です。例えば、食塩水は食塩(NaCl)が溶質であり、水が溶媒です。
・イオンは、電気的に帯電した原子または分子です。イオンは、化学反応や電解質溶液中で生成されます。イオンは、陽イオン(正の電荷を持つイオン)と陰イオン(負の電荷を持つイオン)に分類されます。例えば、Na+(ナトリウムイオン)やCl(塩化物イオン)などがあります。
・水溶液中のイオンは、溶質が水分子に解離してイオンになった状態を指します。この過程をイオン化と呼びます。例えば、食塩(NaCl)を水に溶かすと、Na+イオンとClイオンに分解します。このように、水溶液中には多くのイオンが存在し、電気伝導性や化学反応などに影響を与えます。

【問1】原子のつくり
【問2】塩酸の電気分解の問題
【問3】塩化銅水溶液の電気分解の問題
【問4】電解質・非電解質の問題
理科をもっと学ぼう!
中学理科で習う単元のポイント、対策問題を一覧にしています。日々の勉強から定期テスト対策、実力テスト対策、受験対策まで対応しています。

コメント

テキストのコピーはできません。