高校入試作文対策「原稿用紙の使い方(字数制限など)」

シェアする

高校入試小論文・作文「字数制限について」まとめています。

字数制限について

小論文や作文の課題には必ず「制限字数」があります。これは絶対に守らなければなりません。守らないと大幅な減点になるどころか、採点の対象外となりえます。必ず、指定された字数を守り厳守することが必要です。

字数で気をつけておくこと

  1. 指定された字数の九割以上は書く
  2. 字数オーバー(超える)は厳禁
  3. 「○○字程度」は制限字数フラス・マイナス10パーセントが目安
スポンサーリンク

指定された字数の九割以上は書く

「○○字以内」とあれば、必ず字数以内に書く。できれば、制限字数の90パーセント以上は書きたいところです。つまり、「200字以内」のときには180字以上、「600字以内」のときには540字以上を書くのが望ましいということです。どうしてもそこまで書ききれなくても、80パーセントを超えていれば、一応は採点してもらえるでしょう。ただし、半分以下しか書いていない場合は0点にされる恐れもあるので気をつけましょう。絶対にそのようなことのないように気をつける必要があります。

字数オーバー(超える)は厳禁

「○○字以内」と字数が制限されいるのに、字数をオーバーすると採点の対象外となり可能性があります。つまり、 「○○字以内」とされているのに、その字数を超えた場合は、たとえ1字でも0点にされるのが原則だということです。1字くらいなら大丈夫だろうなどとは思わないことが大切です。

「○○字程度」は制限字数フラス・マイナス10パーセントが目安

「○○字程度」という場合には、プラス・マイナス10パーセントが望ましいですが、20パーセント程度は許してもらえるだろう。「○○字」という場合、ごく特殊な場合を除いて、句読点やカッコ、あるいは段落がえによって生じた空白も字数に含めます。

原稿用紙の使い方

  1. 書き出しと段落の初めは必ずひとマスあける
  2. 原則としてひとマスに一字を書く。句読点や記号もひとマスに1つ角。
  3. 必ず楷書(教科書の書体を参考)で書く。くずし字や略字を書いてはいけません。
  4. 漢字を多く使う必要はありませんが、基本的な語句(中学生で履修内容となっている語句)は漢字で書きましょう。
  5. 忘れてしまった感じは、別の言い方で言い換えましょう。脱字は絶対にしてはいけません。
  6. 数字は縦書きのときは、漢数字を使うのが原則です。横書きの場合も熟語などは漢数字を用いるのが、数量を表すときは算用数字でいいです。
  7. 横書きの場合、数字とアルファベットはひとマスに二字入れるのが普通です。

字はていねいに

字はできるだけきれいに。字が汚くて不合格にされるというようなことはありませんが、字がきれいな文章と汚い文章とでは印象がまるで違います。ていねいな字にこしたことはない。

マスの使い方

行の最初に句読点や閉じカッコをつけない。これらが行の最初にくるときは、前の行の最後のマス目(マスの中)に加える。この規則を知らない人が多いので特に注意。

消しゴムでしっかり消す

誤字・脱字を正すとき、消しゴムで消して書き直すのが原則。しかし、時間がないときや、訂正しなければ意味が通じないときだけ二重線で消したり、印を入れたりして、横に書き改めるなどして訂正しましょう。

原稿用紙のマス目の使い方

マス目の埋め方には明確な基準があるわけですが、一般的に、まとめる字数、記述する字数によって、使いわけを行うことが望ましいです。

  1. 制限字数が150字以内のとき
  2. 制限字数が151字から300字以内のとき
  3. 300字を超える場合

制限字数が150字以内のとき

150字以内で書かれたものは、ひとまとまりの「文章」とはみなされません。だから、マス目があっても、それは字数を数えるためのものであって、「原稿用紙」ではないということになります。この場合の制限字数が15O字以内のときは、「原稿用紙の使い方」を守る必要はないということなります。つまり、ひとマスあけないで書き始めて、行の冒頭に句読点をつけてもよいということになります。また、この字数の場合には段落がえは行ってはいけません。

制限字数が151字から300字以内のとき

志望校の過去問の模範解答なろを例にしながら判断して法が得策です。つまり、学校によって判断が分かれるということです。また、この字数の場合、「段落がえをしないで、ひとマス目から書きなさい」「原稿用紙の書き方を守りなさい」というような注意書きが問題文中にあることも多いので、そのときはそれを守って書きましょう。

注意書きがない場合、どちらの書き方でも減点はされないと思われます。しかし、学校によっては原稿用紙の書き方を守らせようとしているところもあるので、念のために、原稿用紙の書き方を守るとよいでしょう。

300字を超える場合

300字を超えて書く場合は、指示がなければ「文章」とみなし、「原稿用紙の書き方」を守る。小論文を書くとき、原稿用紙のようなマス目を示される。マス目を埋めるとき、原稿用紙の書き方を守るのか、ひとマスあけないで書き始めるのか、迷うかもしれない。自分の志望する学校の過去問を見て、どのタイプなのかを確かめておくとよいだろう

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る