高校入試小論文・作文「表・グラフの読みとり方」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試小論文・作文「表・グラフの読みとり方」についてまとめています。

表・グラフの読みとり方

頭に入れておいておきたいのは、グラフや表にも、課題文と同じように主張や指摘があるということだ。したがって、そうした主張や指摘を読み取ることを考える必要があります。

また、グラフや表が複数あるときも、全体で一つの事柄を言っていると考えるとよいでしょう。

たとえば、

  • 「グラフAでわかるように、~だ。同じことが、別の面から言えることが、グラフBからわかる」
  • 「グラフAでわかるように、~だが、それなのに、グラフBでわかるように、~になっている」
  • 「かつては、グラフAでわかるように~だった。しかし、現在はグラフBでわかるように、~になっている」

といったように、主張したいことを裏付けるためにグラフや表を複数用いていると感がられます。

スポンサーリンク

大きな変化・差に気をつける

わざわざグラフや表が用意されていることは、何か気づいてほしいからです。特に入試や実力テストで使われるグラフや表は大きな変化や差のあるものを使用することで、それに気づいてもらうとします。気づいてもらいたいこと、つまり主張です。

<例>

耕作面積

耕作面積

たとえば、上のグラフから読み取れることは、

「日本は、フランスやアメリカ合衆国に比べると、一定面積の耕地に対する農業就業人口が多く、肥料の消費量も多いことから、一定面積の耕地からより多くの収穫を上げる集約農業の形態をとっていること」

ですね。さらには、「広大な土地がない日本が、知恵を絞って効率を上げていることを主張したい」のか、はたまた、農業就業者も減っている中、集約農業形態は好ましくないと主張したい」のかを論文からも読む必要が出てくるでしょう。

農業問題 豆知識

農家の現在 農業の高年齢化が進む。

  • 戸数の減少と高年齢化…現在、農家戸数はかつての半分になり、主業農家が激減した。また、農業就業者人口の約60%が65歳以上である。
  • 農地…農地法制定以来、農業の大規模化には厳しい制限がある。販売農家の経営耕作地面積1戸当たりの 農業所得は非常に少ない。耕作放棄
    地をなくしていくことも課題。

小論文・作文の学習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク