【中学地理】ヨーロッパ州の「農業(混合農業・酪農・地中海式農業)」比較・違い

シェアする

ヨーロッパ州の国々の「農業」の比較と違いです。入試でもよく出題される単元となります。ヨーロッパ州には、混合農業、酪農、地中海式農業が盛んで、それぞれ国、地域で、気候や地形に合わせて農業がされています。また、農業の種類によって、作物が違うのでそれぞれ特徴をおさえておきましょう。それでは、ヨーロッパ州の国々の「農業」の比較と違いをみていきましょう。

混合農業・酪農・地中海式農業

種類 混合農業 酪農 地中海式農業
国・地域 アルプス山脈より北 デンマーク、オランダ アルプス山脈より南(イタリアなど)
内容 穀物・飼料作物の栽培と家畜の飼育を組み合わせた農業 乳牛を飼育 夏の乾燥に強い作物をつくる農業
農作物など ライ麦、小麦、じゃがいも バターやチーズを生産 ぶどう、オリーブ。冬は小麦。
  • フランスはEU最大の農業国。小麦の生産量・輸出量は世界有数(どちらも5位)。
  • オランダは、園芸農業が盛んで、酪農によりチーズなどを生産。
  • イタリアの地中海式農業は、ぶどう、オリーブは世界有数の生産。
スポンサーリンク

混合農業

耕種と牧畜とをあわせて行う農業。牧畜の内容が乳牛飼育の場合は酪農と呼ぶが,混合農業では肉用家畜飼育が主。ヨーロッパの農業の形態は歴史的に混合農業。日本では、北海道で、寒さに強い小麦・てんさい・じゃがいも・あずきなどの栽培ほか、畑作と酪農を組み合わせた混合農業も行う。

酪農

牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産する畜産をいう。 その歴史は古く、人類が狩猟生活から農耕生活に入ったのと同時期に、こうした酪農、畜産も始まったといわれる。

地中海式農業

地中海式気候の地域に独特な農業様式。地中海沿岸が代表的で、夏季の高温乾燥に耐えるブドウ・オリーブ・オレンジなどの果樹栽培(おもに丘陵地斜面)、冬雨を利用する平地でのコムギ栽培、家畜飼育(ヒツジ・ヤギなど)を組み合わせた農業。

その他の地域の農業

以上が、【中学地理】ヨーロッパ州の「農業(混合農業・酪農・地中海式農業)」の比較・違いとなります。入試でも頻出のところですので、その国と地域の位置は、地図上でも確認して、対応できるようにしておきましょう。該当箇所を指摘する問題と合わせて出題されることもあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク