中学公民「啓蒙思想(ロック・モンテスキュー・ルソー)」比較・近代革命の影響

シェアする

スポンサーリンク

「啓蒙思想(ロック・モンテスキュー・ルソー)」の比較です。彼らの思想は、近代革命(ピューリタン革命、名誉革命、フランス革命など)に影響を及ぼしていきます。それでは、中学公民の「啓蒙思想(ロック・モンテスキュー・ルソー)」の比較と近代革命の影響をみていきましょう。

近代の啓蒙思想

名前 ロック モンテスキュー ルソー
イギリス フランス フランス
著書 統治二論 法の精神 社会契約論
思想 社会契約説を唱える 三権分立を唱える 人民主権を唱える
スポンサーリンク

ロック

ロックは、イギリスの哲学者である。政治思想家としては『統治論(統治二論・市民政府二論)』などを著し、ホッブズの影響を受けつつも、ホッブズとは異なる国家論を展開した。王権神授説を否定し、人民主権(主権在民)を説き、革命権を肯定したロックの理論は、名誉革命を正当化し、その後のイギリス式の議 会制民主主義(間接民主主義)の発展を理論的に基礎づけた。また、アメリカ独立宣言やフランスの人権宣言にも大きな影響を与えた。

モンテスキュー

フランスの啓蒙思想家・法律家であるモンテスキュー(1689~1755)は、ロックの影響を受けつつ、古代ローマ史などの研究や、ヨーロッパ各国の社会事情や制度を実地に調査した結果をもとに『法の精神』を著した。 この中でモンテスキューは、さまざまな国や時代の法制度や政治形態を、自然条件や生活様式、宗教などとの関係で論じた。また、主要な政体を共和制・君主制・専制 (独裁制)の3つに分けた。
確認中学公民の「三権分立のまとめ」基本原理と均衡がポイント!

ルソー

市民革命後のイギリスが産業革命を迎えつつあった18世紀、フランスは絶対王政の下にあった。ルソー(1712~ 78)はフランスの啓蒙思想家で、ロックらの社会契約説に学んだ。絶対王政を批判し新しい社会を打ち立てるための理論として、『社会契約論』などにおいて独自の社会契約説を展開した。

近代革命

  • ピューリタン革命…イギリスで1640年から60年、王政が否定され、クロムウェルによる共和政治が行われる。
  • 名誉革命…イギリスで1688年、議会を無視する国王を追放し、新たなを王を迎える。翌年、権利章典を制定。名誉革命によってイギリスの議会政治の基礎ができた。
  • フランス革命…フランスで民衆が立ち上がり、絶対王政が倒された。
  • 絶対王政…国が絶対的な権力を握って行う政治。フランス革命は、1789年7月、絶対王政への不満から各地で反乱がおこる。
  • 人権宣言…フランス革命中に出された自由・平等・人民主権などをうたった宣言。

練習問題

  1. イギリスの哲学者で社会契約説を唱えたのは誰か。
  2. フランスの思想家で三権分立を唱えたのはだれか。
  3. フランスの思想家で人民主権を唱えたのはだれか。

解答

  1. ロック
  2. モンテスキュー
  3. ルソー

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク