【中学歴史】古墳時代のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

【中学歴史】古墳時代のまとめです。

古墳時代

貝塚・遺跡・古墳

入試やテストに出る貝塚・遺跡・古墳の位置

3世紀~4世紀に、近畿地方から瀬戸内海沿岸の各地に豪族たちの大きな墓(古墳)がつくられ始めた。古墳の形や大きさはさまざまだが、4世紀に大和(奈良県)でつくられ始めた前方後円墳は大きなものが多い。古墳がさかんにつくられた4 世紀~6世紀ころまでを古墳時代とよぶ。

スポンサーリンク

大和朝廷(大和政権)

古墳は権力の大きさを示すものと考えられる。大和には、4世紀の大きな古墳が多いので、富と力をたくわえた多くの豪族が、それぞれ小さなくにを治めていたことがわかる。多くの古墳にまじって、大きな前方後円墳がみられるので、いちばん力のある豪族をかしらにして大和の豪族たちが連合し。より大きな1つの国をつくったと考えられる。

国士の統一

5世紀になると、九州地方南部から東北地方南部までの各地に、前方後円墳がつくられるようになった。特に大阪平野を占める河内(大阪府)には、大仙古墳(大山古墳仁徳陵古墳)などの巨大な前方後円墳がつくられた。また、筑紫(福岡県)・吉備(岡山県)・出雲(島根県)・毛野(関東平野北部)でも、大きな前方後円墳が築かれた。大和朝廷が河内を根拠地に勢いを強め、各地の豪族をしたがえ国土の統一を進めたと考えられる。大和朝廷の中心となった豪族のかしらは、天王(のちの天皇)とよばれた。5世紀末の稲荷山古墳の鉄剣はそのころ大王が関東地方をも支配したことを示す。

倭の五王

5世紀のおわりごろに書かれた中国の歴史書『宋書』倭国伝には、5世紀に倭(日本)の5人の大王がつぎつぎに使者を中国に送ったことが記されている。5人目の武という大王は、中国の皇帝に出した手紙に、自分の祖先が武力で国土の統一を進めたことを書いている。これを倭王武の上表文という。この倭王の武は、ワカタケル大王(雄略天皇) のことだろうと考えられている。

古墳時代 文化

  • 前方後円墳…大仙古墳のような、方形の前部と円形の後部からなる代表的な古墳の形
  • はにわ…古墳のまわりや頂上に並べられた素焼きの土製品
  • 須恵器…渡来人によって伝えられたかたい質の土器

確認中学歴史の古代(古墳・天平・国風)文化の比較と違いまとめ

渡来人

この頃、渡来人が日本に来ています。新しい技術を日本にもたらします。代表的な渡来人として、王仁と弓月と阿知です。中でも、西文氏の祖となった王仁は、論語・千字文を伝えたとされ、弓月君は秦(はた)氏の祖で、そのまま機織り・養蚕を伝えたとされます。

宗教の伝来

儒教と仏教も相次いで伝わってきます。伝えたのは「百済」の「聖明王」から「欽明天皇」へとされ、聖徳太子の伝記『上宮聖徳法王帝説』のなかでは、538年に伝わったとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク