中学歴史「明治時代のポイント」流れとよく出る出来事

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の明治時代のポイント「入試に出る最も大事な6つの出来事」についてまとめています。明治時代については、なんらかの形で必ず出題される時代で、大事な時代となります。しっかり流れをつかんで、得意な時代にしていきましょう。それでは、中学歴史の明治時代のポイント・流れ「入試に出る最も大事な6つの出来事」です

明治時代

明治時代で押さえておかないといけない出来事とは、「明治維新」「立憲政治」「日清戦争」「日露戦争」「不平等条約改正」「産業革命」です。それぞれを詳しくみていきましょう。明治時代は、1867年に明治天皇は王政復古(むかしの天皇の政治にかえる)の大号令を出して、天皇を中心とする新政府の成立を示したところから始まります。

スポンサーリンク

明治維新

明治維新は、新政府の改革とそれに伴う社会の動き。富国強兵は、欧米に対抗するため、経済を発展させて国力をつけ軍隊を強化。学生、兵制、税制の三つの改革。近代化の基礎となる。(確認「明治維新(改革内容や文明開化など)」についてのまとめ

  • 五箇条の御誓文の発布
  • 版籍奉還…1869年大名に土地と人民を政府に返させた。
  • 廃藩置県…1867年に藩を廃止して、府県を置き、中央から府知事・県令を派遣して治めさせた。中央集権国家の確立へ。
  • 学制
  • 徴兵令
  • 地租改正
事柄 学制 徴兵令 地租改正
年号 1872年 1873年 1873年
内容 6歳以上の男女に小学校の義務教育 満20歳以上の男子に兵役の義務 地券を発行し、地価の3%を地租として現金

詳細明治維新の三大改革(学制・徴兵令・地租改正)の内容の比較

立憲政治

伊藤博文らはヨーロッパでシュタインやグティストからドイツ派の憲法理論を学んで帰国し、憲法制定の準備を進めた。 大日本帝国憲法の起草作業は、法律顧問のロエスレルの助言も得て進められた。

日清戦争

1894年、甲午農民戦争が起こると、朝鮮をめぐって対立していた日本と清国は朝鮮に出兵し、日清戦争が始まった。日清戦争がはじまると、議会は政府に対し全面的に協調するようになった。

  • 甲午農民戦争
  • 日清戦争
  • 下関条約
  • 三国干渉

確認【日本史】日清戦争

日露戦争

日露戦争時の軍事費は、国家予算の8割以上を占め、外債はアメリカやイギリスで募集された。日露戦争の戦費は外国債以外に内債や増税によってまかなわれ、それにより国民の負担は重くなった。

  • 義和団事件
  • 日英同盟
  • 日露戦争
  • ポーツマス条約
  • 韓国併合

確認【日本史】日露戦争

不平等条約の改正

日清戦争直前の1894年、外務大臣陸奥宗光がイギリスと日英通商航海条約を結んで、領事裁判権の撤廃と関税自主権の一部の回復に成功した。また、日露戦争後の1911年には,外務大臣小村寿太郎がアメリカ合衆国と日米通商航海条約を結び、関税自主権を回復した

  • 関税自主権の回復…1878年に一部の国が合意したが実現せず、1894年に一部回復。1911年に完全に回復する。
  • 領事裁判権の撤廃…1894年外務大臣の陸奥宗光が領事裁判権を撤廃した条約をイギリスと結び実現。

詳細中学歴史の不平等条約、関税自主権の回復と領事裁判権の撤廃について

産業革命

進む世界の一体化で、資本主義が発展し、イギリス、ドイツ、アメリカ、ロシア、フランスなど経済力などを背景に世界に進出。また、蒸気船や鉄道の発達で人や商品の動き、情報の伝達が活発化なる。

参考中学歴史の「産業革命とヨーロッパの植民地支配」のまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク