中3理科|電池とイオン|テスト対策問題

スポンサーリンク

中3理科|電池とイオン|テスト対策問題です。

・ダニエル電池の演習問題です。亜鉛板と銅板で起こっている変化に答えられるように練習していきましょう。
・化学電池の問題演習を行います。化学電池は入試や定期テストで頻出の問題です。確実に解けるようになりましょう。
・化学電池の中でも、水素と酸素を使った燃料電池について演習を行います。
・電池は、化学エネルギーを電気エネルギーに変換する端末です。一般的な電池は、正極(陽極)、負極(陰極)、電解質、および封入された容器から構成されています。電池の動作原理は、化学反応によって電子が移動することで生じます。
・イオンは、電気的に帯電した原子または分子のことです。イオンは、正の電荷を持つ陽イオンと、負の電荷を持つ陰イオンに分類されます。電池内では、イオンは電解質として機能し、電気伝導を担当します。
・酸化反応によって放出された電子は、外部回路を通じて負極に向かって流れます。この電子の流れが電気エネルギーとして取り出されるものです。
・イオンの移動として、電池内部では、陽イオンと陰イオンが電解質を介して移動します。これによって電荷の中立性が保たれ、電子の流れが持続します。

【問1】電解質・非電解質の問題
【問2】燃料電池の問題
【問3】イオン化傾向の問題
【問4】化学電池の問題
【問5】ダニエル電池の問題
理科をもっと学ぼう!
中学理科で習う単元のポイント、対策問題を一覧にしています。日々の勉強から定期テスト対策、実力テスト対策、受験対策まで対応しています。

コメント

テキストのコピーはできません。