【中1数学】相対度数と代表値のポイント

中1数学の「相対度数と代表値(平均値・中央値・最頻値)」をまとめています。近年、全国的に入試でも頻出する「資料の活用・整理」の単元です。今回は、まずは代表的な問題についてふれています。それでは、中1数学の「相対度数と代表値(平均値・中央値・最頻値)」のまとめです。

スポンサーリンク

相対度数

相対度数は、各階級の度数の全体に対する割合を、その階級の相対度数といいます。

  • 相対度数=各階級の度数÷度数の合計
スポンサーリンク

代表値

資料の値全体を代表する値を代表値といいます。

階級値

度数分布表で、各階級の真ん中の値を階級値といいます。

平均値

  • 平均値=資料の個々の値の合計÷資料の個数

中央値

資料の値の大きさの順に並べたとき、その中央の値を中央値または、メジアンといいます。資料の個数が偶数の場合は、中央に並ぶ2つの値の平均をとります。

最頻値

資料の値の中で、もっとも頻繁に現れる値を最頻値とまたは、モードといいます。

範囲

資料の最大の値と最小の値の差を分布の範囲、またはレンジといいます。

  • 範囲=最大値-最小値
スポンサーリンク

平均値と中央値

平均値中央値
説明データの値の算術平均データを大きい順(または小さい順)に並べたとき、真ん中の値
求め方与えられた数値の合計÷与えられた数の個数奇数個のときは、真ん中。奇数かのときは、中央2つ値を足して、割る2
メリット全てのデータを考慮できる外れ値に強い。
デメリット外れ値(異常に大きい値,小さい値)に弱い。全てのデータを十分に考慮できていない。

以上が、中1数学の「相対度数と代表値(平均値・中央値・最頻値)」のまとめとなります。言葉を理解し、しっかり活用できるようになりましょう。入試やテストで出題されたら確実に得点にしたいところです。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました