【中学歴史】安土桃山時代の出来事・まとめ

応仁の乱のころから、下の身分の者が実力で上の身分の者を倒す下剋上の風潮が広がり、実力のある守護大名の家臣や国人(在地の有力武士)などが守護大名を倒し、勢力の強い守護大名は領国の支配を固めるなどして、戦国大名に成長していきました。その後、豊臣秀吉が、明智光秀を倒し、織田信長の後継者となります。朝廷から関白に任命され、大阪城を拠点に全国統一を成し遂げました。今日は信長、秀吉が政権をにぎった安土桃山時代について学習します。

スポンサーリンク

安土桃山時代とは

安土桃山時代のまとめ

安土桃山時代とは、織田信長が上洛(京都に入ること)したとき、または室町幕府の滅亡した1573年から1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康が天下を取るまでの間を指します。

「安土桃山」という時代名の由来は、織田信長がつくったお城である安土城と、豊臣秀吉が桃山の地に伏見城を建てたことです。

鉄砲が伝来し、戦の方法が大きく変わった時代でもあり、織田信長、豊臣秀吉が政権を握った時代でもあります。文化面では、力を持った各地の戦国大名や、堺の豪商たちの富や権力が反映された、豪華で壮大な文化が特徴になっています。

まずは、この時代の出来事を年表でざっと確認しておきましょう。

安土桃山時代の年表

太字の年号や出来事は必ず覚えるようにしましょう。まずは、織田信長の天下統一に関する年表です。

年号出来事
1560年桶狭間の戦いで、今川義元を倒す。
1568年将軍足利義昭を奉じて京都に入る。
1570年姉川の戦いで、浅井長政・朝倉義景を倒す。
1570年石山戦争が始まる。仏教勢力と対立。
1571年比叡山延暦寺を焼討ち
1573年足利義昭を京都から追放。室町幕府滅亡
1575年長篠の戦いで、武田勝頼を破る。
1576年安土城を築城
1577年楽市・楽座を安土城下で行う。
1582年本能寺の変。明智光秀に襲われ敗死。
ゴロで覚える!
1573年の室町幕府の滅亡「信長に、攻められ義昭、以後涙いごなみだ)」
1582年の本能寺の変イチゴパンツの織田信長」

次は、豊臣秀吉の天下統一に関する年表です。

年号出来事
1582年山崎の戦いで、明智光秀を破る。清須会議。
太閤検地を開始。
1583年賤ヶ岳の戦いで、柴田勝家を破る。
大阪城の築城開始。
1584年小牧・長久手の戦いで、織田信雄・徳川家康と戦うも和睦
1585年豊臣秀吉が関白になる。
1587年バテレン追放令。キリスト教の宣教師を国外に追放。
1588年刀狩令
1590年小田原攻め北条氏滅亡。伊達政宗を服属させ全国統一。
1592年文禄の役(朝鮮出兵)。
1597年慶長の役(二度目の朝鮮出兵)。伏見城が完成。
1598年豊臣秀吉が死去。
1600年関ヶ原の戦いで徳川家康率いる東軍が勝利。
ゴロで覚える!
1590年の秀吉の天下統一戦国丸(0)めて全国統一」

確認➊【中学歴史】桃山文化と南蛮文化
確認➋【中学歴史】織田信長と豊臣秀吉の政策の比較
問題【中学歴史】安土桃山時代の一問一答

中学社会をポイントで学ぶ
中学社会(地理・歴史・公民)を単元別にわかりやすくポイントを解説しています。定期テストやもちろん高校入試まで対応しています。全て無料です。お役に立てるとうれしいです。頑張ってください。
中学歴史
スポンサーリンク
シェアする
Examee

コメント

タイトルとURLをコピーしました