中2理科「だ液の実験」忘れやすいベネジクト液を覚える!

シェアする

スポンサーリンク

中学2年理科。消化に関する学習内容で頻出の実験があります。それは、だ液のはたらきを調べる実験です。ベネジクト液やヨウ素液などの指示薬も登場するので、何を調べたいのかをしっかりとおさらいしていきましょう。

だ液のはたらきを調べる実験

下の図のように、4本の試験管を準備し。試験管AとCにはデンプンのりとだ液を、試験管BとDにはデンプンのりと水を入れ、試験管AとBは40℃のお湯が入ったビーカーに、試験管CとDは氷水が入ったビーカーにそれぞれ入れます。

だ液の実験

スポンサーリンク

ヨウ素液とベネジクト液

しばらくたってから、試験管内の物質がどのように変化しているのか、ベネジクト液とヨウ素液を使って調べます。それぞれの指示薬が何を調べる指示薬なのかを色の変化とともに押さえましょう。特にベネジクト液は忘れやすい指示薬です。

ヨウ素液

デンプンを調べる指示薬で、デンプンと反応すると青紫色に変化します。ヨウ素デンプン反応と言われるものです。

ベネジクト液

デンプンが消化されてできた糖を調べる指示薬です。ベネジクト液は、糖と反応し沸騰石を入れ加熱すると赤褐色の沈殿ができます。

実験の結果

試験管A、B、C、Dに指示薬を入れ、色の変化を見てみると次のような変化が現れます。

試験管A 試験管B 試験管C 試験管D
入っている物質 デンプン+だ液 デンプン+水 デンプン+だ液 デンプン+水
温度 40℃ 氷水
ヨウ素液 変化なし 青紫色 青紫色 青紫色
ベネジクト液 赤褐色の沈殿 変化なし 変化なし 変化なし

試験管AとBの結果をくらべると、だ液の中の消化酵素はデンプンを糖に変えるはたらきがあることがわかります。

試験管AとCの結果をくらべると、だ液の中の消化酵素は40℃に近い温度でよくはたらくことがわかります。

この実験でわかること

この実験では次の2点が結論として導けます。

だ液の実験で分かること
  • だ液の中の消化酵素は、デンプンを糖に変えるはたらきがある。
  • だ液の中の消化酵素は、40℃に近い温度でよくはたらく。

だ液の実験の練習問題

  1. だ液の中に含まれる消化酵素の名前を答えよ。
  2. ヨウ素液はデンプンと反応すると何色になるか。
  3. ベネジクト液は何を調べる指示薬か。
  4. ベネジクト液で色の変化を見る場合、ある操作をしなければならない。その操作を簡単に答えよ。
  5. だ液の中の消化酵素は、何を何に変えるはたらきがあるか。

解答

  1. アミラーゼ
  2. 青紫色
  3. 加熱する。
  4. デンプンを糖に変える。

あわせて確認したい単元

化学変化の復習

スポンサーリンク

シェアする