【中学歴史】奈良時代のまとめ・一問一答

シェアする

中学歴史の奈良時代についてポイントをまとめています。奈良県奈良市にある平城京に都が移されてから、京都府の平安京に都が移されるまでの時代を奈良時代といいます。この時代は、最も仏教が力を持った時代です。

ここが狙われる!➊聖武天皇は、仏教の力によって国家を守ろうと考え、国ごとに国分寺、国分尼寺を建て、奈良に総国分寺として東大寺を建てた。
➋奈良時代には人口が増加し、口分田が不足したことから、朝廷は開墾をすすめた。
墾田永年私財法は、開墾した土地の永久私有を認めたことから、有力な貴族や寺社が重い税負担から逃亡した農民などを使って開墾を進め、私有地を広げた。のちにこの私有地を荘園と呼ぶようになる。

奈良時代いつから?

奈良時代は、710年元明天皇が、唐の長安(現在の西安)にならって奈良に都を造営し、藤原京から遷都しました。この都を平城京とよび、奈良に都がおこれた70年余りを奈良時代といいます。

  • 平城京…唐の都長安にならって作られた都。条坊制(碁盤目の区画)で区画され、中央に朱雀大路が通り、平城宮は北端に位置します。16kmごとに駅家が設けられました(駅制)がこれは公用のみが使用可能でした。
  • 和同開珎(わどうかいちん)…日本で流通した銅銭。日本初の銅銭は富本銭。
スポンサーリンク

聖武天皇の政治

聖武天皇が即位した720~740年は、凶作が続き、疫病が流行するなど、社会不安が広がっていました。そこで、聖武天皇は、仏教の鎮護国家の思想で国の平安を保とうと

  • 国ごとに国分寺国分尼寺
  • 都に東大寺

を建てました。東大寺には、大きな大仏がつられます。また、僧の行基は布教のかたわら、諸国をまわって橋や用水路などをつくり、政府の要請で大仏の造立にも積極的に協力しました。

東大寺と奈良の大仏

農民のくらし

鉄製農具の広がりで、稲の収穫量はしだいに増加していきます。しかし農民には重い税が課されます。租・調・庸・雑ようなどの税のほか、兵役、防人も課せられました。このため、農民らの中には重い税や苦しい労役からのがれるために、戸籍の性別や年齢をいつわったり、口分田を捨てて逃亡して貴族や寺社の私有民となって、勝手に僧になって、税を免れる者をいました。

奈良時代の税

特に成年男子の課せられる税や労役は非常に重かったようです。

  • (そ)…1反あたり2束2把の稲を納める。収穫の約3%にあたる。
  • 調(ちょう)…17歳以上の男子に課され、絹・糸・綿などの地方の特産物を納める。
  • (よう)…21歳以上の男子に課され、労役の代わりに布を納める。
  • 雑徭(ぞうよう)…17歳以上の男子に課され、国司のもとでの年間60日以下の労役(のち桓武天皇の時、半減されて30日以内となる)
  • 防人(さきもり)…兵役。北九州の防衛に当たる者。主に東国の農民が防人となった。
  • 出挙(すいこ)…稲の強制的貸し付け。年5割と非常に利息が高かった。
  • 義倉(ぎそう)…元来は飢饉対策。粟を蓄えた。

公地公民制から荘園へ

農民の逃亡や自然災害などで荒れ地が増え、人口の増加もあり、口分田が不足なるようになりました。そこで、

  • 723年…三世一身の法を出して、新しくかんがい施設をつくって土地を開墾した者には3代に限って私有を許すことにしました。
  • 743年…墾田永年私財法三代後にはふたたび荒れ地になるので、新しく開墾した土地の永久私有を認めました。

墾田永年私財法が出され、有力な貴族や寺社などは、付近の農民や浮浪人を使って開墾を進めて、私有地を増やしていきました。これが原因で、公地公民制はくずれていきました。こうした私有地は、のちに荘園とよばれるようになりました。

遣唐使

鑑真朝鮮半島の情報を収集するとともに、唐の進んだ政治制度や文化などを学ぶために、遣唐使を派遣。

唐の高僧である鑑真(がんじん)は、遣唐使の招きに応じて日本に渡ろうとしましたが、5回も失敗して盲目となりました。6度目の挑戦で、来日して仏教の戒律を伝えて、唐招提寺を開きました。

天平文化

聖武天皇を中心とする奈良時代の文化で、唐の影響を受けた国際色豊かな文化天平文化といいいます。ヨーロッパや西アジアの影響も強く表れた文化です。

  • 正倉院…聖武天皇の愛用品などがおさめられている東大寺の建物。
  • 万葉集…奈良時代に、さまざまな身分の人の歌を集めてつくられた日本最古の和歌集
  • 古事記…太安万侶がまとめた、日本最古の歴史書。
  • 日本書紀…舎人親王らが編纂した、日本最古の歴史書。
  • 風土記…国ごとに地名の由来・産物・伝承などを記した。

万葉集には、山上憶良や大伴家持、柿本人麻呂などの歌がおさめられたほか、防人の歌もおさめられています。

【確認問題】奈良時代一問一答

次の問いに答えなさい。

  1. 701年にできた法律を何というか。
  2. 743大宝律令で土地と人民を国のものとする制度を何というか。
  3. 6才以上の男女に与えられた田を何というか。
  4. 口分田を与え、死ねば返させる制度を何というか。
  5. 大宝律令には税が3種類あったが、稲を収める税を何というか。
  6. 大宝律令には税が3種類あったが、麻の布を収める税を何というか。
  7. 大宝律令には税が3種類あったが、特産物を収める税を何というか。
  8. 国司のもとで60日以上働く労役を何というか。
  9. 1年間、都の警備をする兵役を何というか。
  10. 3年間、北九州の警備をする兵役を何というか。
  11. 地方の国ごとにおかれた役人を何というか。
  12. 地方の郡ごとにおかれた役人を何というか。
  13. 九州におかれた役所を何というか。
  14. 710年にできた奈良の都を何というか。
  15. 743年に出された、新しく開墾した土地は永久に私有地として認めるという法を何というか。
  16. 奈良時代に仏教を厚く保護した天皇は誰か。
  17. 聖武天皇が奈良に作った大仏のある寺を何というか。
  18. 東大寺にある聖武天皇の宝物を収めた建物を何というか。
  19. 正倉院の建て方を何造りというか。
  20. 奈良時代にできた最も古い歴史書を何というか。
  21. 地方の産物や伝説をまとめた地理書を何というか。
  22. 奈良時代にできた和歌集を何というか。
  23. 万葉集は何という文字で書かれていたか。
  24. 唐やヘレニズム文化の影響を受けた奈良時代のはなやかな文化を何文化というか。
  25. 奈良時代に唐へ送った使いを何というか。

【解答】奈良時代一問一答

  1. 大宝律令
  2. 公地公民
  3. 口分田
  4. 班田収授
  5. 調
  6. 雑よう
  7. 衛士
  8. 防人
  9. 国司
  10. 郡司
  11. 大宰府
  12. 平城京
  13. 墾田永年私財法
  14. 聖武天皇
  15. 東大寺
  16. 正倉院
  17. 校倉造
  18. 古事記
  19. 風土記
  20. 万葉集
  21. 万葉がな
  22. 天平文化
  23. 遣唐使

【練習問題】奈良時代

下の年表を見て、後の各問いに答えよ。

年代 おもなできごと
701
710
743
( ① )が制定される…A
( ② )に都がうつされる…B
( ③ )が出される…C

(1)年表中のあ①~③にあてはまる語句を答えよ。

(2)Aによる政治について、ア、イの問いに答えよ。
ア:地方の政治は国ごとに中央から貴族が派遣されたが、その役職を何というか。
イ:アの下には地方の豪族がついたが、その役職を何というか。

(3)Bの都の手本となった中国の都はどこか。また、当時日本が中国に送った使節を何というか。

(4)この時代に、都で流通した銅銭を何というか。

(5)次の文を読んで、①~④の問いに答えよ。

( ア )歳以上の人々に( イ )をあたえ、その人が死ねば国に返させるという
土地制度が行われた。

①ア、イにあてはまる数字と語句を答えよ。
②この制度を何というか。
③この制度をもとに税制も整備された。このうち、稲の収穫の3%を納めさせた制度を何といいうか。
④兵役として、北九州の防衛にあたった人々を何というか。

(6)Cの内容を簡単に説明せよ。

【解答】奈良時代

(1)①大宝律令  ②平城京  ③墾田永年私財法

(2)ア:国司 イ:郡司

(3)都:長安  使節:遣唐使

(4)和同開珎

(5)①ア: イ:口分田  ②班田収授法  ③  ④防人

(6)新しく開墾した土地の永久私有を認めた。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る