中1理科「密度の計算」3つのパターンを特訓!

中学1年理科。植物の学習が終われば次は「物質のつくり」について学習を進めていきます。ここでは計算問題もよく出題されます。中でも密度の計算は点数がわかれる問題です。それでは密度の計算3つのパターンをマスターしましょう。

密度とは?

密度とは、物質1cm³あたりの質量のことをいいます。どんな物質であろうが1cm³で質量を比較したものが密度です。もっと簡単に言うと「つまり具合」のことを表している数値と言えるでしょう。

密度の単位はg/cm³で、読み方は「グラム マイ リッポウセンチメートル」です。

密度は、物質により決まっているので、その物体の密度を調べることによってどんな物質でできているかがわかります。密度が大きいものは重いですので下の方に行き、密度が軽いものは上へ行きます。

スポンサーリンク

気体の密度

固体や液体の密度は1cm³あたりで表しますが、気体の場合は1Lあたりの質量で表します。気体1cm³の場合だと密度が非常に小さくなってしまうからです。

密度のポイント!
  • 物質1cm³あたりの質量
  • 単位はg/cm³ ※気体の場合はg/L
  • 密度は物質により決まっている
  • 密度が大きいものは下、小さいものは上に移動する

密度の計算方法

密度の計算方法は簡単です。1cm³あたりの質量を求めればいいのですから、次の式で求めることができます。

  • 密度[g/cm³]=質量[g]÷体積[cm³]

例えば、質量が100gで体積が50cm³の物体があれば、その物質の密度は、
100g ÷ 50cm³ = 2.0g/cm³
になります。

密度の計算3パターン

密度の計算は次の3つのパターンに分かれます。

  1. 質量[g]体積[cm³]から密度[g/cm³]を求める
  2. 密度[g/cm³]体積[cm³]から質量[g]を求める
  3. 密度[g/cm³]質量[g]から体積[cm³]を求める

簡単な計算ですので、しっかりと意味を理解しておきましょう。
質量100g、体積50cm³、密度2.0g/cm³の物質で計算例を示します。

密度を求める

1cm³あたりの質量gを求めればいいので、
100g ÷ 50cm³ = 2.0g/cm³

質量を求める

密度は1cm³あたりの質量を表してますので、密度に体積をかけて質量を計算します。
2.0g/cm³ × 50cm³ = 100g

体積を求める

100gの中に2.0gが何個入るのかを計算します。
100g ÷ 2.0g/cm³ = 50cm³

以上が密度の計算3パターンです。基本的な内容ですが大切です。

密度の計算 練習問題

  1. 密度は普通、物質何cm³あたりの質量で表すか。
  2. 密度が1.0g/cm³の液体と2.0g/cm³の液体を混ぜると、下に行くのはどちらか。
  3. 質量200gで体積が50cm³の物体の密度を単位ととともに答えよ。
  4. 密度が2.5g/cm³で体積が20cm³の物体の質量は何gか。
  5. 密度が2.5g/cm³で質量が20gの物体の体積は何cm³か。

解答

  1. 1cm³
  2. 2.0g/cm³の液体
  3. 4.0g/cm³
  4. 50g
  5. 8.0cm³

あわせて復習したい単元

スポンサーリンク

シェアする